真犯人フラグ 真相編 ネタバレあらすじ第13話とキャストや相関図

真犯人フラグ

ネタバレ あらすじ 第13話とキャストや相関図
2021年10月10日(日)スタート
毎週日曜 夜10時30分~11時25分
【日本テレビ系】1月23日 第13話 放送予定
公式サイト

主演・西島秀俊

一体、何が本当で何がなのか…?

あの旦那がしたんじゃないの?

真犯人フラグが立ったが最後、
疑惑の目を向けられ、追い詰められていく主人公。
愛する家族を無事取り戻すことはできるのか・・・!?
果たして、真実はどこにあるのか!?
半年間の壮絶な戦いが始まる―――!!

 

【スポンサーリンク】

 

原案
秋元 康(あきもと やすし)・1958年5月2日生まれ。
・東京都目黒区大橋出身。
・放送作家・作詞家・プロデューサー。
株式会社秋元康事務所所属。

 

脚本
高野水登(たかのみなと)・1993年7月29日生まれ。
・神奈川県出身。
・日本大学芸術学部卒。
・脚本家。
特技:少林寺拳法初段(7年)

 

主題歌

Novelbright 「seeker」(UNIVERSAL SIGMA / ZEST)
  

 

あらすじ 第13話

バタコ(香里奈)に渡されたお茶にはフグ毒が混入されており、凌介(西島秀俊)は意識不明の重体に陥る。

ICUの前で取り乱した日野(迫田孝也)を河村(田中哲司)がなだめていると、瑞穂(芳根京子)と一星(佐野勇斗)も駆けつける。

テトロドトキシンの毒性は強く、危険な状態。果たして、凌介の運命は…!?

 

防犯カメラに立ち去るバタコの姿は映っていたものの、院内に彼女を知る者はおらず、毒を盛って逃げた女は何者なのか、捜査は難航。

阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)は、篤斗が事件当日に乗った白い車を追って、かがやきの世界を訪れる。

輪になって踊る信者の中には、ぷろびん(柄本時生)たちが紛れ込んでいた。

阿久津は教祖(相築あきこ)に、凌介を狙ったバタコの写真を見せ、その反応に違和感を抱く。

 

一方、プロキシマでは瑞穂の依頼で、バタコが最後にかけてきたクレーム電話を解析。

その音声から、瑞穂と一星は、バタコが失踪事件に関わっていると確信する。

しかし、分かるのは声のみで、顔が特定できない…。

そんな中、何かに怯える清明(桑名愛斗)を心配した鼓太朗(坂東龍汰)は、朋子(桜井ユキ)の怪しい行動を目撃し、瑞穂に相談。

瑞穂が “アフロディーテの下僕”が鼓太朗でないことを確かめると、そのアカウントを見た鼓太朗は太田黒(正名僕蔵)ではないかと言う。

そこに、太田黒が現れて…!?

 

教祖の態度がひっかかる阿久津は、篤斗(小林優仁)から話を聞くことに。

バタコの写真を見せると、篤斗は思いがけない反応を示し――!?

 

日曜ドラマ「真犯人フラグ」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

相良凌介(さがら りょうすけ)〈48〉
……西島秀俊

亀田運輸のカスタマーサービス部管理課 課長。
温厚な人柄で評判が良い。
本をこよなく愛する「完全なインドア派。真面目でおっとりしており、かなりのお人好し。
団地に住んでいるが、愛する家族のため一軒家を建築中のマイホームパパ。

 

相良真帆(さがら まほ)〈48〉
……宮沢りえ

凌介の妻。旧姓:館野。
社交性があり、周囲でも評判の好人物。いつも明るく、家族の中では太陽のような存在。
ある日突然、子供たちとともに姿を消して・・・。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.ntv.co.jp/shinhannin-flag/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、日曜ドラマ真犯人フラグに関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ