初恋の悪魔 ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図など

初恋の悪魔

2022年07月16日(土)スタート
毎週土曜 夜10時00分~10時54分
【日本テレビ系】8月20日 第6話 放送予定
公式サイト

林遣都仲野太賀 W主演

警察署には勤めているが…、
俺たちに捜査権は無い!


いつしか芽生えた4人の友情、そして恋。

やがて4人は、より大きな真実と運命に飲み込まれていくことに…!

 

【スポンサーリンク】

 

脚本
坂元 裕二(さかもと ゆうじ)・1967年5月12日生まれ。
・大阪府出身。
・脚本家、作詞家、戯曲家。
・東京芸術大学教授。

主な作品
モザイクジャパン』90日以内に配信終了の予定はありません
カルテット』90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2022年07月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

SOIL&”PIMP”SESSIONS 「初恋の悪魔」

 

あらすじ 第6話

鈴之介(林遣都)と、もうひとつの人格となった星砂(松岡茉優)が偶然、東京で会った。

星砂は鈴之介のことをまるで知らない様子だが、自分の名前を知っていた鈴之介に興味を示す。

鈴之介は、そんな星砂に戸惑う。

星砂は、鈴之介を自分が寝泊まりしているネットカフェに連れて行く。

 

翌日、悠日(仲野太賀)は、いなくなった星砂を心配し、鈴之介と琉夏(柄本佑)に相談するが、鈴之介は星砂と昨夜会ったことを言えないでいた。

琉夏は、そんな鈴之介の態度を見抜き、怪しむ。

一方、雪松(伊藤英明)は、星砂の身辺を詳しく調べていた。

鈴之介は再び東京のネットカフェを訪ねる。しかし、星砂はすでにいなかった。

 

悠日の家に、もとに戻った星砂が訪ねてくる。

星砂の無事を確認し喜ぶ悠日。

星砂は、気が付いたら東京のネットカフェにいたと話す。

悠日は星砂に、ときどき現れるもうひとつの人格について尋ねてみるのだが、そうしているうちにまた星砂はいなくなってしまう。

 

その後、鈴之介の家を訪れた星砂は、少しずつ心を許し始めた鈴之介に自分の過去を語り始める。

16歳で家出し東京に出たこと。

そこで出会ったリサ(満島ひかり)という女性に救われたこと。

そして、そのリサが、悠日の兄・朝陽(毎熊克哉)が殉職したとされる事件に深く関わっていたことを???。

 

 

土曜ドラマ「初恋の悪魔」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

鹿浜鈴之介(しかはま すずのすけ)
……林遣都

刑事課の刑事。(現在停職処分中)
あるヘマをして停職処分中、なぜか大きな洋館にひとりで住んでいる。推理マニアで凶悪犯罪に目がなく、挙動不審で奇異な行動を見せる隣人の森園に目をつけ、嬉々として観察している。停職中なのに、なぜか悠日、星砂、琉夏たちと刑事課の事件を”推理”することとなり。

 

馬淵悠日(まぶち はるひ)
……仲野太賀

総務課の職員。
交通安全ポスターの配布から、コピー用紙の補充まで雑務を担当する日陰的な部署に勤める。自分が負けることで、他人が勝つ人生がある、それが自分のモットーと思っている。刑事だった優秀な兄を亡くしている。ある時署長の雪松に命じられ、鈴之介に近づくが。

 

摘木星砂(つみき せすな)
……松岡茉優

生活安全課の刑事。
かつては県警捜査一課に所属し、果敢に凶悪事件にも向き合ってきた。そんなこともあってか服装はいつも同じスカジャンスタイルで、言葉使いも乱暴でぶっきらぼう。しかし、実はそれは本当の彼女の姿ではなく…。

 

小鳥琉夏(ことり るか)
……柄本佑

会計課の職員。
非常に細かい性格で堅物。刑事たちの精算にも非常に厳しい。一方で空想癖もあり、よく持論を説くところがあるので署内ではやや敬遠されている。そんな折、自分の話をいつも真剣にそして親身に聞いてくれる渚に想いを寄せるようになる。

 

ほか

出典:https://www.ntv.co.jp/hatsukoinoakuma/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.ntv.co.jp/hatsukoinoakuma/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、土曜ドラマ「初恋の悪魔」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ