初恋の悪魔 ネタバレあらすじ第9話とキャストや相関図など

初恋の悪魔

2022年07月16日(土)スタート[全10話](予定)
毎週土曜 夜10時00分~10時54分
【日本テレビ系】9月17日 第9話 放送予定
公式サイト

林遣都仲野太賀 W主演

警察署には勤めているが…、
俺たちに捜査権は無い!


いつしか芽生えた4人の友情、そして恋。

やがて4人は、より大きな真実と運命に飲み込まれていくことに…!

 

【スポンサーリンク】

 

脚本
坂元 裕二(さかもと ゆうじ)・1967年5月12日生まれ。
・大阪府出身。
・脚本家、作詞家、戯曲家。
・東京芸術大学教授。

主な作品
モザイクジャパン』90日以内に配信終了の予定はありません
カルテット』90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2022年07月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

SOIL&”PIMP”SESSIONS 「初恋の悪魔」

 

あらすじ 第9話

悠日(仲野太賀)と琉夏(柄本佑)は、独自に雪松(伊藤英明)の周辺を調べ始める。

2人が雪松を尾行し家の前で張り込んでいると、帰宅する雪松とちょうど出かける息子・弓弦(菅生新樹)の会話が聞こえてくる。

ふたりの様子はごく普通の家庭に見える。

事件は家族には関係ないと主張する悠日に対して、琉夏は息子に疑いの目を向ける。

 

服役中のリサ(満島ひかり)と面会した鈴之介(林遣都)は、星砂(松岡茉優)にその時の様子を伝える。

リサが深く傷ついていたと知った星砂は、リサを苦しめた人間を殺したい、と心を乱す。

鈴之介はあなたにそんなことはさせません、と星砂を抱きしめる。

 

鈴之介、星砂、森園(安田顕)は、手分けして捜査を進める。

鈴之介は、3年前に朝陽(毎熊克哉)が転落死したホテルへ向かった。

鈴之介が聞き込みをしていると、事件当日のことを覚えているという従業員が見つかる。

森園は3人の被害者の家族を訪ね、3人の被害者にある共通点を見つける。

 

3つの事件が連続殺人であり、雪松がその真犯人と確信する鈴之介と森園。

森園は雪松の告発を急ぐべきだ、動機や理由はあとからでいいと主張するが、鈴之介はそれでは雪松署長が淡野リサにしたことと同じになる、とぶつかってしまう。

業を煮やした森園はその場を飛び出してしまう。

 

一方、雪松の家の張り込みを続けていた悠日と琉夏は、家を出る弓弦を尾行し、弓弦のある行動を目撃する…!

 

 

土曜ドラマ「初恋の悪魔」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

鹿浜鈴之介(しかはま すずのすけ)
……林遣都

刑事課の刑事。(現在停職処分中)
あるヘマをして停職処分中、なぜか大きな洋館にひとりで住んでいる。推理マニアで凶悪犯罪に目がなく、挙動不審で奇異な行動を見せる隣人の森園に目をつけ、嬉々として観察している。停職中なのに、なぜか悠日、星砂、琉夏たちと刑事課の事件を”推理”することとなり。

 

馬淵悠日(まぶち はるひ)
……仲野太賀

総務課の職員。
交通安全ポスターの配布から、コピー用紙の補充まで雑務を担当する日陰的な部署に勤める。自分が負けることで、他人が勝つ人生がある、それが自分のモットーと思っている。刑事だった優秀な兄を亡くしている。ある時署長の雪松に命じられ、鈴之介に近づくが。

 

摘木星砂(つみき せすな)
……松岡茉優

生活安全課の刑事。
かつては県警捜査一課に所属し、果敢に凶悪事件にも向き合ってきた。そんなこともあってか服装はいつも同じスカジャンスタイルで、言葉使いも乱暴でぶっきらぼう。しかし、実はそれは本当の彼女の姿ではなく…。

 

小鳥琉夏(ことり るか)
……柄本佑

会計課の職員。
非常に細かい性格で堅物。刑事たちの精算にも非常に厳しい。一方で空想癖もあり、よく持論を説くところがあるので署内ではやや敬遠されている。そんな折、自分の話をいつも真剣にそして親身に聞いてくれる渚に想いを寄せるようになる。

 

ほか

出典:https://www.ntv.co.jp/hatsukoinoakuma/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.ntv.co.jp/hatsukoinoakuma/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、土曜ドラマ「初恋の悪魔」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ