個人差あります ネタバレあらすじ第6話とキャストなど

個人差あります

ネタバレあらすじ第6話とキャスト
2022年08月06日(土)スタート[全8話](予定)
毎週土曜 夜11時40分~深夜0時35分
【フジテレビ系】9月10日 第6話 放送予定
公式サイト

夏菜新川優愛白洲 迅 トリプル主演!!

ある日、夫 が、女性 になったら…!?
男×女でないと夫婦じゃない…!?

“異性化”を通して恋愛・結婚・夫婦の在り方を問う新たなラブストーリー、開幕!!

 

【スポンサーリンク】

 

原作

日暮キノコ「個人差あり〼」(講談社「週刊モーニング」所載)
  

 

脚本
ひかわ かよ・脚本家。
他詳細不明

主な作品
新・ミナミの帝王~親の心子知らず、子の心親知らず~』90日以内に配信終了の予定はありません
新・ミナミの帝王~失われた絆~』90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2022年07月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

JUNNA「曖昧な2人」(FlyingDog)
※配信日:2022年8月5日(金)

 

あらすじ 第6話

苑子(新川優愛)は女装した男性のスミレ(大浦龍宇一)に心を許し、晶(夏菜)の浮気について愚痴った時、つい「本当なんですね。“男は浮気する生き物”って」と洩らす。

するとスミレに、「男って〜」「女なんて」と安易に決めつけた言葉を叱責されてしまう。

 

一方、晶は仕事に没頭。女として体感したことを活かし、雪平(馬場徹)に新商品としてコスメを提案する。

そんな折、苑子と別居したことを知った両親が晶に会いに来る。

母・光枝(長野里美)は、晶と生活することで苑子が母親になる可能性を無くすことを危惧し、「別れることが愛情ということもある」と諭す。

その言葉が心に沁みる晶。

 

晶と苑子、夫婦の選択は……?

 

土ドラ「個人差あります」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

磯森 晶(いそもり あきら)〈30〉
女性……夏菜  男性……白洲 迅

100円ショップの商品企画部に勤めるサラリーマン。
5年前、小説家の苑子と結婚、2人暮らし。会話はあるものの、どこか冷めた夫婦生活を送っている。
ある日、瀕死の状態になったことをきっかけに、「女性」になってしまう。医師によると、身体ごと性別が変わってしまう「異性化」という現象で、「異性化証明書」を受けとり、身体は女性、心は男性としての生活が始まった。

 

磯森苑子(いそもり そのこ)〈32〉
……新川優愛

小説家。
磯森晶と結婚して5年、デビュー作の大ヒット以来、仕事は、スランプが続いていた。子育てをしながらの執筆活動は難しいと考えていて、晶とは子どもの話を避けている。それもどこか、冷えきった夫婦関係の一因だ。

 

ほか

出典:https://www.tokai-tv.com/kojinsa/cast/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.tokai-tv.com/kojinsa/cast/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、土ドラ「個人差あります」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ