イチケイのカラス スペシャル ネタバレあらすじとキャストや相関図など

イチケイのカラス スペシャル

2023年01月14日(土)スタート[全1話](予定)
土曜日 夜9時00分~夜11時10分(130分)
【フジテレビ系】1月14日 全1話 放送予定
公式サイト

主演・竹野内豊

伝家の宝刀“職権発動”を駆使し、
1つひとつの事件に粘り強く向き合う、

くせ者裁判官・入間みちお
超ロジカルなエリート裁判官・坂間千鶴。

新年の始まりは『イチケイのカラス』祭り!ぜひご期待いください!

 

【スポンサーリンク】

 

原作

浅見理都『イチケイのカラス』(講談社モーニングKC刊)
  

 

脚本
浜田 秀哉(はまだ ひでや)
・1972年12月12日生まれ。
・香川県高松市出身。
・京都産業大学経済学部卒業。
・脚本家。
・日本放送作家協会会員。

主な作品
破裂
90日以内に配信終了の予定はありません

ドラマスペシャル 人間の証明
90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2023年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

情報が入り次第追記します♪

 

あらすじ 第1話

“熊本・ヤンキーの決闘”と“東京・大企業の代理お家騒動”、全くスケールの違う2つのケンカ事件の接点とは?みちお、駒沢がたどり着く真実とは

今作は、みちおがイチケイから異動になって1年後の熊本を舞台に幕を開ける。

熊本地裁第二支部で精力的に裁判を行うみちおのもとに、ヤンキーグループの決闘の仲裁に入った青年・諏訪遙人(すわ・はると/髙橋)が殴られ、意識不明の重体となった傷害事件が起訴される。

加害者と推定された内田亘(うちだ・わたる/嘉島陸)は、全面的に罪状を認めており、執行猶予付きの判決で収束する事件のように思われた。

しかし、調査を進めると、不審な点がいくつか見つかる。

さらに警察の取り調べの際、内田は容疑を否認していたという。

なぜ、内田は証言を変えたのか?疑問に思ったみちおは、職権発動して捜査を開始する。

 

一方、東京では、イチケイの部長裁判官である駒沢義男(こまざわ・よしお/小日向文世)が、“代理お家騒動裁判”と世間から注目を集める大企業「星積ホールディングス」の社員同士の傷害事件を審議していた。

社員たちは、次期社長候補の派閥にそれぞれ属していて、代理戦争の様相を呈していた。

対立しているのは、同社役員、大藪重之(おおやぶ・しげゆき/北村一輝)と嶋津奈都子(しまづ・なつこ/中村アン)。

奈都子の部下・丹羽昭久(にわ・あきひさ/吉沢悠)らはとにかく裁判を早く終わらせようとする。

そんな両者の態度に、駒沢は怒りすら覚えてきて…。

 

捜査を進めていく中で、とある場所で鉢合わせるみちおと駒沢。

みちおは内田の弁護人を務める吉塚悟(よしづか・さとる/小柳友)、検察官の木内真菜(きうち・まな/向里祐香)と、一方の駒沢はみちおの弁護士時代の同僚で丹羽の弁護人を務める、青山瑞希(あおやま・みずき/板谷由夏)の部下で若手刑事弁護士・佐倉朝子(さくら・あさこ/堀田真由)、書記官の岡林保(おかばやし・たもつ/戸塚純貴)らと現れる。

 

みちおが担当する“熊本・ヤンキーの決闘”と、駒沢が担当する“東京・大企業の代理お家騒動”、全くスケールの違う2つのケンカ事件のある接点が浮かび上がる。

物語のラスト、裁判で直面する、この事件の背後にあった切ない愛の物語と大きな闇とは?

 

土曜プレミアム「イチケイのカラス スペシャル」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

入間みちお(いるま みちお)
……竹野内豊

熊本地方裁判所第2支部の判事。

 

坂間千鶴(さかま ちづる)
……黒木華

イチケイの特例判事補。
今回は他職経験について駒沢と日高に進路相談をする。

 

駒沢義男(こまざわ よしお)
……小日向文世

部総括判事。

 

ほか

出典:https://www.fujitv.co.jp/ichikeisp/chart.html

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.fujitv.co.jp/ichikeisp/chart.html

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、土曜プレミアム「イチケイのカラス スペシャル」に関しての情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ