ホリデイラブ あらすじ 第6話とキャストや相関図

ホリデイラブ

2018年01月26日(金)スタート
毎週金曜 夜11時15分~深夜0時15分
【テレビ朝日系】3月2日 第6話 放送予定

夫婦の恋愛サスペンス×夫婦再構築の物語

平凡で幸せな日常がずーっと続くと思っていた。
まさか、こんなどん底へと突き落される日が来るなんて…。

これは“あなたかもしれない物語”

 

Sponsored Links


 

原作:「ホリデイラブ 〜夫婦間恋愛〜」こやまゆかり・草壁エリザ

 

 

脚本:渡辺千穂

主題歌:ポルノグラフィティ『カメレオン・レンズ』(SMEレコーズ)
※発売:2018/3/21

 

 

あらすじ 第6話

自分以外の男と一線を越えそうになった妻・高森杏寿(仲里依紗)を、頭の中では許すべきだと分かっていても、そう簡単に気持ちの整理がつかない純平(塚本高史)。そこへ、浮気相手だった井筒里奈(松本まりか)が夫・渡(中村倫也)に追い出され、転がり込んできた!

里奈はありったけの言葉で純平への愛をぶつけ、すがりつくが、純平は頑なに拒絶。ショックを受けた里奈は、泣きながらその場を後にする。だが、そのままおとなしく引き下がらないのが里奈の恐ろしさ…。無垢な素振りで、今度は純平の同僚たちを巻き込み、鳥肌の立つ策略を実行し始める!

一方、杏寿が経営するネイルサロンは相変わらず、予約のキャンセルが相次ぐ。杏寿を“不倫中のゲスい人妻”と揶揄するメールと写真が、常連客宛にばら撒かれたからだ。しかも、客の中にはママ友たちもいたため、事態はさらに悪化。何の罪もない娘・七香(渋谷南那)までもが、保育園で仲間外れのターゲットにされてしまう! この状況に心を痛め、母親として責任を感じる杏寿。やがて彼女は“ある決意”をする――。

時を同じくして、春田龍馬(平岡祐太)は親友である杏寿を陥れようとした人物を特定しようと奔走。経営者・黒井由伸(吉田ウーロン太)になりすまし、杏寿を口説こうとした男が志賀拓巳(山田裕貴)だと突き止め、本人に直接会いに行く。すると、驚愕の事実が判明し…!

 

キャスト

高森 杏寿 – 仲里依紗

高森 純平 – 塚本高史

井筒 里奈 – 松本まりか

井筒 渡 – 中村倫也

坂口 麗華 – 壇蜜

黒井 由伸 – 山田裕貴

春田 龍馬 – 平岡祐太

小泉 駿 – 飯島寛騎

一ノ瀬 真人 – 岡田龍太郎

橘 亜沙美 – 三津谷葉子

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ