健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 第6話とキャストや相関図

健康で文化的な最低限度の生活

2018年07月17日(火)スタート
毎週火曜 夜9時00分~9時54分
【フジテレビ系】8月21日 第6話 放送予定

誰かのために、汗かく、夏。

誰かの“人生”に寄り添う、
新人ケースワーカーの成長物語!

「助けたい」というシンプルな想いに突き動かされる主人公の
成長物語が、今を生きる全ての人への応援歌に!

笑って泣けるヒューマンドラマが始まります!!

Sponsored Links


原作:柏木ハルコ『健康で文化的な最低限度の生活』(小学館「ビッグコミックスピリッツ」)

 

 

脚本:矢島弘一

主題歌:Tomorrow/AAA

 

あらすじ 第6話

生活保護の申請にあたり、親族に援助が可能かを確認する“扶養照会”を頑なに拒否し、その理由を決して明かそうとしない島岡(佐野岳)。困り果てたえみる(吉岡里帆)は、京極(田中圭)の指示で扶養照会を強行する。

すると早速、行方知れずの息子を心配していた父・雷(小市慢太郎)が上京。総合病院の院長である雷には扶養の意思があることから、京極はすぐに親子を会わせるようえみるに指示するが、それを知った島岡は、ひと足早く宿泊施設から逃走してしまう。

自分を拒絶する息子の態度に、「構ってほしいだけ」と笑う雷だったが、その笑顔がなぜか引っかかるえみる。そこへ、島岡が駅のホームで自殺をはかったという知らせが飛び込んでくる。

幸い、島岡は一命を取りとめたが、緊張の走る役所。そこに雷が再び突然訪ねてくる。激しい剣幕で息子の居場所を聞き出そうとする雷の豹変ぶりに、えみると京極は驚きを隠せない。扶養照会の判断が正しかったのか、悩む京極に半田(井浦新)は「人が死ぬところだったんですよ。」と強い言葉で告げる。

自らの判断が、受給者の命の危険を招いたと感じた京極は、「この件は、全て自分の責任で対応する」と宣言。役所内でカンファレンスを開き、今後の対策について話し合うが、島岡親子が抱える問題が分からないだけに、なかなか答えは見いだせない。ショックが大きいえみるは、自分の考えを持てないでいた。

その頃、病院では島岡の様子に異変が起きていた。面会できるようになったと連絡を受けたえみると京極は早速、島岡の元を訪ねるが、そこで主治医から、島岡親子について衝撃の事実を聞かされる――!

 

キャスト

義経えみる … 吉岡里帆

半田明伸 … 井浦新

栗橋千奈 … 川栄李奈

七条竜一 … 山田裕貴

後藤大門 … 小園凌央

桃浜都 … 水上京香

南英里佳 … 安座間美優

向井里香 … 谷まりあ

川岸彩 … 鈴木アメリ

石橋五郎 … 内場勝則

青柳円 … 徳永えり

京極大輝 … 田中圭

阿久沢正男 … 遠藤憲一

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ