anone(あのね) あらすじ 第8話とキャストや相関図

anone

2017年01月10日(水)スタート[全10話]
毎週水曜 夜10時00分~11時00分
【日本テレビ系】3月7日 第8話 放送予定

 

「私を守ってくれたのは、ニセモノだけだった。」

真実の人間愛

 

全てを失ってしまった少女は、
それでも生きようと思った。

このドラマは、生きることの意味とは?
人が生きる上でほんとうに大切なものはなにか?

を人々に問いかけ、真実の人間愛を見つけていく物語です。

 

Sponsored Links

 

脚本:坂元裕二

オリジナル・サウンドトラック:三宅一徳

 

あらすじ 第8話

亜乃音(田中裕子)の不審な行動を目にした万平(火野正平)は、ハリカ(広瀬すず)たちとの共同生活を始めてから様子がおかしい亜乃音の行動を観察する。

一方、ニセ千円札を自動販売機に通すことに成功したハリカ、亜乃音、るい子(小林聡美)、舵(阿部サダヲ)は、理市(瑛太)の主導でいよいよ一万円札作りに取り掛かる。

そんな中、四人は擬似家族のような暮らしに今までの人生で得ることのできなかった張り合いと安らぎを感じて…。

ハリカは彦星(清水尋也)のチャットゲームのアカウントを使って連絡してきた茉歩(藤井武美)に呼び出され、彦星との関係を詮索される。彦星に思いを寄せる茉歩は、財力のある父親に掛け合って彦星の治療費を立て替えようとしているのだが…。

亜乃音を訪ねてきた玲(江口のりこ)は、自分に会いに来なくなった理市がそこにいることに驚くが、亜乃音が玲と陽人(守永伊吹)を守るためにニセ札作りに巻き込まれているとも知らず、理市との関係を母親として応援してくれない亜乃音に辛く当たる。

そして、完成したニセ一万円札を試す時を迎え四人は緊張に包まれる一方、亜乃音たちと出会って想像もしない幸せを味わって得をしたと言うハリカの話に、それぞれの思いを馳せる四人だった。万平が亜乃音の落としたニセ札のホログラムの正体に気づいたとも知らず、四人は出発しようとしていた…。

 

キャスト

辻沢 ハリカ(つじさわ ハリカ)〈19〉…広瀬すず

青羽 るい子(あおば るいこ)〈50〉…小林聡美

持本 舵(もちもと かじ)〈45〉…阿部サダヲ

中瀬古 理市(なかせこ りいち)〈35〉…瑛太

花房 万平(はなふさ まんぺい)〈65〉…火野正平

林田 亜乃音(はやしだ あのね)〈62〉…田中裕子

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ