この世界の片隅に あらすじ 第4話とキャストや相関図

この世界の片隅に

2018年07月15日(日)スタート
毎週日曜 夜9時00分~9時54分
【TBS系】8月5日 第4話 放送予定

お嫁に来たんじゃね・・・

“私はここで生きる。あなたと暮らす、この場所で”

初めて連続ドラマ化。
のんびりしているが他人を思いやる心にあふれ、国中に暗雲立ち込める時代でも前を向き、明るく生きようとするヒロイン・すず、戦時下でもささやかな幸せを見つけて、“普通の暮らし”を営もうとひたむきに生きる。乞うご期待下さい!

Sponsored Links


原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊、「漫画アクション」連載)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この世界の片隅に(上) (アクションコミックス) [ こうの史代 ]
価格:699円(税込、送料無料) (2018/6/15時点)

 

 

脚本:岡田惠和

音楽:久石 譲

 

あらすじ 第4話

昭和19年8月のある日、 すず(松本穂香)が段々畑から見える呉湾をスケッチしていると、通りがかった憲兵からスパイ行為だと厳しく言い寄られる。憲兵のあまりの剣幕にすずは恐怖に包まれる。何とかその場は納まったものの、すずはショックで寝込んでしまう。

その夜、まだ体調が悪いすずを家族は心配する。夏バテや疲れではないかと言い合う中、 円太郎(田口トモロヲ)は子供ができたのではと口にする。この唐突な発言に サン(伊藤蘭)と 径子(尾野真千子)は不快感を露にする。

翌日、すずは病院の帰り道に朝日遊郭を訪れる。リン(二階堂ふみ)と再会したすずは世間話に花を咲かせる。

そんな北條家に小さなお客さんが訪ねてきた。広島の黒村家に径子が置いてきた長男・久夫(大山蓮斗)がひとりで呉の北條家までやってきたのだ。久夫はある決意を持って北條家を訪れていた。径子もそれは薄々気付いていたのだが…。

 

キャスト

北條(浦野)すず … 松本穂香

北條周作 … 松坂桃李

水原 哲 … 村上虹郎

刈谷幸子 … 伊藤沙莉

堂本志野 … 土村 芳

浦野十郎 … ドロンズ石本

浦野すみ … 久保田紗友

浦野すず(幼少期) … 新井美羽

黒村晴美 … 稲垣来泉

白木リン … 二階堂ふみ

近江佳代 <現代篇> … 榮倉奈々

江口浩輔 <現代篇> … 古舘佑太郎

黒村径子 … 尾野真千子

刈谷タキ … 木野 花

堂本安次郎 … 塩見三省

北條円太郎 … 田口トモロヲ

浦野キセノ … 仙道敦子

北條サン … 伊藤 蘭

森田イト … 宮本信子

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ