ドロ刑 ネタバレ あらすじ 第4話とキャストや相関図

ドロ刑

2018年10月13日(土)スタート
毎週土曜 夜10時00分~10時54分
【日本テレビ系】11月3日 第4話 放送予定
公式サイト

新米刑事が泥棒を相棒に難事件に挑む!

主人公は最も身近な犯罪、窃盗の捜査をする警視庁捜査三課の新米刑事斑目勉(まだらめつとむ)
警察組織の論理や現実を前にすっかりやる気を失くしていた。

そんな斑目が出会ったのが、過去の目撃者ゼロ、
痕跡ゼロで誰も姿を見たことのない幻の大泥棒・煙鴉(けむりがらす)

煙鴉は、なぜかことあるごとに斑目にちょっかいを出し、
捜査協力までしてくれるようになる。

やがて成長した刑事斑目は、大泥棒煙鴉を捕まえるのか?
斑目に力を貸す煙鴉の真の狙いは</strong>いったい何なのか?

Sponsored Links

原作

福田秀「ドロ刑」

脚本

林 宏司(はやし こうじ)
脚本家。
関西学院大学卒業。
主な作品
連続ドラマ
『お義父さんと呼ばせて』
『スニッファー 嗅覚捜査官』
『ヘッドハンター』
など

主題歌

Sexy Zone「カラクリだらけのテンダネス」(ポニーキャニオン)
Sexy Zone / カラクリだらけのテンダネス/すっぴんKISS(初回限定すっぴん盤/CD+DVD) (初回仕様) [CD]

 

あらすじ 第4話

都内で開催される一大コミフェスを狙い全国のスリ集団が集結するという情報が寄せられる。警視庁の威信をかけ、三課ではイベントに向けて係ごとの検挙数を競い合うことに。

三課内でもバカにされている13係では、鯨岡くじらおか(稲森いずみ)が「最底辺のど根性を見せよう」と張り切るが、もはやお荷物集団であることを隠さない空気にメンバーはどんより。

そんな中“異例の大抜擢”でモサ(=スリ専門の刑事)の左門さもん(板尾創路)とコンビを組むことになった斑目まだらめ(中島健人)は、ひたすら歩き回ってモサの基本を叩き込まれる。

初日から疲れ果て、早速バーで愚痴をこぼす斑目に煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)は、スリとモサはお互いに厳しい修練を必要とする職人の世界の真剣勝負だと説くが…。

翌日。左門は、痴漢、万引き、そしてスリにはそれぞれ独特の“眼め”があるのだと語り、中でも“スリ眼め”を見抜くには最低3年かかると聞き絶句する斑目だが、左門は目の前でスリ眼めを見抜き現行犯逮捕をしてみせる。左門の鮮やかな腕に驚く斑目だが、その一部始終を見ながらニヤリと笑っていた“指に傷のある男”に気づき…。

斑目の話を聞いた左門は、史上最高のスリ“機械屋銀次”こと大文銀次だいもんぎんじ(杉本哲太)が現れたと血相を変える!!特殊なカミソリ刃を使い中身を盗んでも、決して人は傷つけないという信条を持つ銀次は5年前に引退したはずなのだが…。

再び姿を現した銀次は、斑目と左門の目の前で一瞬の神業でスリをして見せる。慌てて確保する斑目だが、一枚上をいく銀次にあしらわれ、逮捕は失敗。斑目を見た銀次は左門に「30年前のお前よりひどい」と話し、イベント当日は選りすぐりのスリが集まると忠告を残す…。

スリから足を洗ったはずの銀次が戻ってきた本当の理由とは一体何なのか…!?

泥棒vs刑事の真剣勝負が始まる!

 

キャスト

斑目 勉…中島健人(Sexy Zone)

煙 鴉…遠藤憲一

小平美希…石橋杏奈

皇子山隆俊…中村倫也

宝塚瑤子…江口のりこ

細面隆一…野間口徹

霞 沙織…田中道子

宵町時雄…生島 翔

勝手田利治…丸山智己

左門陽作…板尾創路

鯨岡千里…稲森いずみ

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ