SUITS(スーツ) ネタバレ あらすじ 第11話(最終回)とキャストや相関図

SUITS(スーツ)

2018年10月08日(月)スタート[全11回]
毎週月曜 夜9時00分~9時54分
【フジテレビ系】12月17日 第11話 放送予定
※最終回15分拡大放送
公式サイト

織田 裕二×中島 裕翔(Hey! Say! JUMP)

日本を舞台に、勝利至上主義で傲慢な敏腕弁護士・甲斐正午と、頭脳明晰ながらも日陰を歩く人生を送ってきた青年・鈴木大貴がバディを組み、厄介な訴訟解決に奮闘していく。

Sponsored Links

原作

「SUITS」NBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン

脚本

池上純哉(いけがみ じゅんや)
1970年(昭和45年)、生まれ。
脚本家。
主な作品
<映画>
『アンダルシア 女神の報復』(2011)
『任侠ヘルパー』(12)

<ドラマ>
「任侠ヘルパー スペシャル」(10)
「外交官 黒田康作」(11)
「遺留捜査」(11、13)
「Answer~警視庁検証捜査官」(12)
「ガリレオXX(ダブルエックス) 内海薫最後の事件 愚弄ぶ」(13)
「金田一耕助VS明智小五郎」(13)
「ミスパイロット」(13)
「極悪がんぼ」(14)

主題歌

B`z「WOLF」(VERMILLION RECORDS)

Sponsored Links

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

あらすじ 第11話

甲斐(織田裕二)は、澤田和志(市川海老蔵)から提供された資料から、自らが検事時代に担当した殺人事件が冤罪だったことを知る。上司だった柳慎次(國村隼)が重要な証拠を隠蔽していたのだ。

13年前、世田谷で名門私立高校に通う女子高生が惨殺された。強姦目的の殺人として逮捕されたのは、前科がある無職の男・栗林紡(淵上泰史)だったが、本来検証されるべき新証拠が柳によって甲斐の目に触れないところに置かれていた。

甲斐は栗林の再審請求することを決意する。

自ら起訴した事件を、自らが再審請求、弁護する前代未聞の事態に法曹界は騒然となる。

この件で甲斐が検察を敵に回すことになると、澤田が忠告しにくる。再審を諦めることを迫り、またもし甲斐が言うことを聞かなかった場合は「検察は本気で甲斐を潰しにかかる」とはっきりと脅される。

柳や澤田の手引きなのか、警察の邪魔さえも度々入り、窮地に陥る。

四面楚歌の中、甲斐は、大輔(中島裕翔)と共に再審請求に向けて苦闘する。甲斐はもしこの再審請求が失敗すれば弁護士をやめる覚悟で、また大輔は無資格であることがチカ(鈴木保奈美)にバレたため最後の案件であるという覚悟で、共に臨む。

果たして2人の結末は……。

出典元:https://www.fujitv.co.jp/SUITS/story/index11.html

 

キャスト

甲斐 正午…織田 裕二

鈴木 大貴<大輔>…中島 裕翔

聖澤 真琴…新木 優子

玉井伽耶子…中村 アン

谷元 遊星…磯村 勇斗

谷元 砂里…今田 美桜

柳 慎次…國村 隼

鈴木 結衣…田島 令子

蟹江 貢…小手 伸也

幸村 チカ…鈴木保奈美

ほか

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ