緊急取調室・第3シーズン ネタバレあらすじ第5話とキャストや相関図

緊急取調室・第3シーズン

2019年04月11日(木)スタート
毎週木曜 夜9時00分~9時54分
【テレビ朝日系】5月9日 第5話 放送予定
公式サイト

先の読めない新時代、より狡猾な被疑者と真っ向対決!!
熟練俳優陣と《最強再タッグ》を組み
人間力あふれる“密室の銃撃戦”を展開!

今回のドラマ展開は、被疑者にかかわらず、さまざまな立場の“油断ならぬ女たち”がキントリを翻弄する中、決死の覚悟で事件の裏にある真実を暴いていく点も見どころ。

Sponsored Links
脚本
井上 由美子(いのうえ ゆみこ)・1961年生まれ。
・兵庫県神戸市出身。
・立命館大学文学部卒業。
・脚本家。
1991年に『過ぎし日の殺人』で脚本家としてデビュー。

主な作品
テレビドラマ
『ひまわり』
『きらきらひかる』
『GOOD LUCK!!』
『白い巨塔』
『14才の母』
『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』
『BG〜身辺警護人〜』
映画
昼顔』2019年12月19日 23:59まで配信

※本ページの動画情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

主題歌

家入レオ「Prime Numbers」
※発売日:2019年04月17日

 

あらすじ 第5話

平凡な専業主婦である姑・山下昌子(真野響子)に頼まれ、夕食のスープに使うカボチャを買いに出かけた嫁・彩矢(国分佐智子)が行方をくらました。

日付をまたいでも連絡が取れなかったため、彩矢の夫で弁護士の翔太(山崎樹範)は警察に行方不明者届を提出。

彩矢もまた大手法律事務所の弁護士ということもあって、単純な失踪事件ではないと推察した警視庁は、真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に出動を要請する。

 

さっそく有希子は山下家のあるマンションへ向かい、涙ながらに嫁の安否を案じる昌子から話を聞くことに…。

そんな中、大型スーツケースを運ぶコート姿の不審者が映った防犯カメラ映像を見た昌子から、重要な手がかりとなる証言が飛び出す。

なんと約1カ月前、この不審者を息子夫婦の家の前でも見たというのだ!

 

やがて昌子の証言により、彩矢が不倫中だったことが発覚。

さらに、コート姿の男がレンタカーにスーツケースを乗せるのを目撃した人がいたため、調査を進めると驚愕の事実が判明する。

あろうことか、車の借り主は昌子だったのだ!

しかし、車の足取りは途中で途絶え、スーツケースの在り処までは突き止められず…。

 

その矢先、翔太が妻を殺したと自首してきた!

だが有希子は、昌子こそが真犯人だと確信し、重要参考人として出頭するよう依頼するが、昌子はこれを拒否する。

しかも何を思ったか、昌子は自宅で有希子と2人きりなら事情聴取に応じると言い出し…!?

 

「緊急取調室・第3シーズン」公式サイトより引用

 

キャスト

緊急事案対応取調班(通称・キントリ)

 

真壁 有希子(まかべ・ゆきこ)…天海 祐希

警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。
女性初の捜査一課特殊班(SIT)の長として活躍するも、ある事件で犯人との交渉に失敗。キントリに配属された。以前は一匹狼タイプだったが、事件の捜査を通してキントリ・チームに連帯感を覚え、チームの一員としての役割を大切にするように。犯罪を強く憎み、被疑者を「マル裸にする」を信条に、取り調べに臨む。

 

梶山 勝利(かじやま・かつとし)…田中 哲司

警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の管理官。
警察組織の階級主義や、縄張り争いのしがらみに苦慮する一方、出世も目論む中間管理職。冷徹な判断力と要領の良さで出世を重ねてきた。決断力で部下を引っ張る男。昔からよく知る有希子の交渉能力に目を付け、キントリ・メンバーに抜擢した。キントリ・メンバーには絶大な信頼を寄せる。

Sponsored Links

 

菱本 進(ひしもと・すすむ)…でんでん

警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。
刑事人生の大半がマル暴一筋で、見た目も物言いもまるでヤクザ。犯罪の生き字引。おだてたり、脅しや取引をもちかけたり…と、海千山千の経験で被疑者を落とす。以前は、女性警察官など邪魔だと思っていた。現在も、有希子のことを「おばはん」と揶揄したりもするが、有希子の能力は十分認めている。

 

小石川 春夫(こいしかわ・はるお)…小日向 文世

警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。
キントリ・チームきっての頭脳派。被疑者にはソフトに対応するが、その実、徹底した洞察力を発揮して追い込んでいく。普段はいつも笑顔。だが、誰も彼が本当に笑っているとは思っていない。有希子をからかったり、皮肉を言ったりすることもあるが、有能な同僚として認めている。

 

玉垣松夫 …塚地武雅

警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。
キントリに所属していた刑事・中田善次郎が退職したことを受け、警視庁・捜査支援分析センターから異動してきた。画像から人の心理状態なども瞬時に読み取ることができる“画像解析のエキスパート”で、「映像から分かることは肉眼をはるかに上回る」と信じている。大の将棋好きで、中田とは警視庁・将棋部で親しくしていた。

 

警視庁刑事部捜査第一課

 

渡辺 鉄次(わたなべ・てつじ)…速水 もこみち

警視庁捜査一課一係、殺人捜査第一係の刑事。
係長である監物大二郎とコンビを組んでおり、周囲から「もつなべコンビ」と呼ばれる。恐怖心や駆け引きの機微というものを持たない怪力男。上司である監物の命令ならば、どんなことでも従順に従う。キントリ・チームとの関係をうまく利用していけばいい、という合理的な面も垣間見える優秀な刑事。

 

監物 大二郎(けんもつ・だいじろう)…鈴木 浩介

警視庁捜査一課の殺人捜査第一係長。
部下の渡辺鉄次とコンビを組んでおり、周囲から「もつなべコンビ」と呼ばれる。自分たちが検挙した犯人を横取りしていく緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に対して、敵意を抱いている。すぐ物に当たる、度量の小さい男。徐々にキントリ・チームの実力を認めつつあるが、相変わらず「俺たちはパシリじゃねぇ」が口癖。

 

警視庁幹部

 

磐城 和久(いわき・かずひさ)…大倉 孝二

警視庁刑事部部長。
過去の不正などによる、警察不信、警察批判を払しょくすべく、「開かれた警察」をモットーとしている。梶山勝利をライバル視しており、彼が率いるキントリの活躍を内心では面白く思っていないが、彼らをうまく利用し、自分のポジションを確立しようとしている。

 

居酒屋「しんじ」

 

かやの …中村静香

緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーが仕事終わりによく訪れる居酒屋『しんじ』の店主。夫・しんじと二人三脚で店を切り盛りしている。

 

しんじ …生島勇輝

緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーが仕事終わりによく訪れる居酒屋『しんじ』の店主。妻・かやのと二人三脚で店を切り盛りしている。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

参照:https://www.tv-asahi.co.jp/kintori/cast/

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、ドラマ「緊急取調室・第3シーズン」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ