伝七捕物帳2 あらすじ 第1話

伝七捕物帳2

2017年08月04日(金)スタート[連続8回]
毎週金曜 夜8時00分~8時43分
【BSプレミアム】8月4日 第1話 放送予定
公式サイト

今シリーズのテーマ

〝命の大切さ〟
〝生きることの素晴らしさ〟

情に厚い伝七親分が、胸に紫房の十手を引っさげて庶民を苦しめる悪と闘う!

 

【スポンサードリンク】

 

原案:陣出達朗「伝七捕物帳」

 

脚本:森脇京子、山本むつみ、森下直

音楽:沢田完

主題歌:七変化/一青窈

 

あらすじ 第1話

「女将(おかみ)の意地、 涙のにぎり飯」

伝七(中村梅雀)は、一軒だけ値上げせずに米を売り続ける俵屋の女将[おかみ]・お梅(藤原紀香)が、同業者の嫌がらせを見事に退けるのを見かける。

数日後、吉原の文使いが殺されて文が奪われる事件が起こり、文使いは殺される直前に俵屋に立ち寄っていたことがわかった。

しかし俵屋の主人は既に亡く、文使いが来るいわれがないと係りを否定するお梅。伝七は岡っ引きの身分を隠して吉原に潜入するが怪しまれ、危ないところを幇間[ほうかん]・正助(風見しんご)に救われた。

正助の助けで聞き込みをした伝七は、事件に花魁[おいらん]の清花(中島亜梨沙)と札差が関わっているとにらむ。

 

キャスト

黒門町の伝七(でんしち)…中村梅雀

お俊(しゅん)…田中美佐子

がってんの勘太…徳重聡

かんざしの文治…上遠野太洸

小夏…小芝風花

正助…風見しんご

お咲…大塚千弘

遠山左衛門尉…松平健

ほか

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ