伝七捕物帳2 あらすじ 第8話(最終回)

伝七捕物帳2

2017年08月04日(金)スタート[連続8回]
毎週金曜 夜8時00分~8時43分
【BSプレミアム】9月22日 第8話 放送予定
公式サイト

今シリーズのテーマ

〝命の大切さ〟
〝生きることの素晴らしさ〟

情に厚い伝七親分が、胸に紫房の十手を引っさげて庶民を苦しめる悪と闘う!

 

【スポンサードリンク】

 

原案:陣出達朗「伝七捕物帳」

 

脚本:森脇京子、山本むつみ、森下直

音楽:沢田完

主題歌:七変化/一青窈
※9/13発売

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

〔予約〕七変化/一青窈【1000円以上送料無料】
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/9/2時点)

 

あらすじ 第8話

「新たなる命、旅立ちの時」

長屋で暮らすことを許されたお咲(大塚千弘)。

だが亡き弟・勝之進(津村知与支)が妻であるお咲の持ち物に忍ばせた証文をめぐり、身辺に危険が迫るのを感じた正太郎(風見しんご)は、小田原に帰って子供を産むようお咲に促す。

かつての同僚・波佐間(宇梶剛士)から、陰謀の裏に回船問屋・相模屋忠左衛門(小野武彦)が居ると聞かされた正太郎だが、帰り道、賊に襲われる。

間一髪で危機を救ったのは伝七(中村梅雀)だった。そして証文を取戻すための人質として、今度はお咲が拉致されてしまう。

 

キャスト

黒門町の伝七(でんしち)…中村梅雀

お俊(しゅん)…田中美佐子

がってんの勘太…徳重聡

かんざしの文治…上遠野太洸

小夏…小芝風花

正助…風見しんご

お咲…大塚千弘

遠山左衛門尉…松平健

ほか

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ