アライブ がん専門医のカルテ ネタバレあらすじ第5話とキャストや相関図

アライブ がん専門医のカルテ

ネタバレあらすじ第5話とキャストや相関図
2020年01月09日(木)スタート
毎週木曜 夜10時00分~10時54分
【フジテレビ系】2月6日 第5話 放送予定
公式サイト

主演・松下奈緒さんが腫瘍内科医に!
木村佳乃さんが消化器外科医として、バディに!

2人の女医が、自らの痛みと秘密を抱えながら人生を生き抜く、最新のメディカル・ヒューマンドラマが始動!!

 

Sponsored Links

 

脚本
倉光 泰子(くらみつ やすこ)・1983年生まれ。
・埼玉県出身。
・東京芸術大学大学院映像研究科脚本領域卒業。
・脚本家。
(『刑事ゆがみ』『ラヴソング』)

 

主題歌

須田景凪「はるどなり」(unBORDE / Warner Music Japan)
※1月24日に配信リリース。

 

あらすじ 第5話

恩田心(松下奈緒)は阿久津晃(木下ほうか)のアドバイスできちんと忌引き休暇を取り、京太郎(北大路欣也)、漣(桑名愛斗)たち家族と、匠(中村俊介)を亡くした悲しみを共有することが出来た。

そうして腫瘍内科の勤務に戻った心に、ジャーナリストの関河隆一(三浦翔平)が接触してくる。

心は、腫瘍内科の取材と聞いて引き受けたのだったが、関河が実際に知りたかったのは関東医科大学で梶山薫(木村佳乃)が起こしたとされる医療過誤問題だった。

しかし、心に思い当たる節はなく、取材の件を薫に話して関河には気をつけるようにと話す。

そんな心と薫の会話を高坂民代(高畑淳子)が聞いていた。

 

そんな折、心が新たに担当したのは長尾春香(遊井亮子)という女性患者。

はっきりとした治療期間を知りたいと訴える春香に、心は患っている粘液型脂肪肉腫は希少がんの一つで全般的に抗がん剤が効き辛く、使用できる薬は副作用が強いので入院も必要になりそうだと説明する。

しかし、春香は仕事があるので入院は無理だと頑なだ。

 

一方、関河は須藤進(田辺誠一)にも取材を敢行。

時を同じくして、心たちの病院でも薫が何か問題を起こして病院を移ったらしいと噂が広がっていきー。

 

「アライブ がん専門医のカルテ」公式サイトより引用

 

Sponsored Links

 

 

キャスト


恩田 心…松下奈緒
横浜みなと総合病院に勤務する、がん診療のスペシャリストである腫瘍内科医。画像診断でがん患者を救った経験をきっかけに、がんの専門家になりたいと思うようになり、腫瘍学を学び腫瘍内科へ転科。周囲からは名前を略して“オンコロ先生”と呼ばれている。夫・匠との間に、一人息子の漣がいる。

 


梶山 薫…木村佳乃
腕が良いと評判の消化器外科医。ある強い意志を持って医師を目指し、消化器外科医になって15年が経つ。“サイレントキラー”と呼ばれるすい臓がんの手術などを行ってきた。横浜みなと総合病院に転籍してくると、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支える存在になる。

 

結城涼…清原翔

夏樹奈海…岡崎紗絵

恩田匠…中村俊介

関河隆一…三浦翔平

須藤進…田辺誠一

光野守男…藤井隆

阿久津晃…木下ほうか

高坂民代…高畑淳子

恩田京太郎…北大路欣也

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)


出典:https://www.fujitv.co.jp/alive/chart/index.html

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ