35歳の少女 ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図

35歳の少女

ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図
2020年10月10日(土)スタート
毎週土曜 夜10時00分~10時54分
【日本テレビ系】11月14日 第6話 放送予定
公式サイト

現代版 “眠り姫”

10歳の時、不慮の事故により突然長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた時岡望美が、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる成長物語。

 

Sponsored Links

 

脚本
遊川 和彦(ゆかわ かずひこ)・1955年10月24日生まれ。
・東京都出身。広島県大竹市育ち。
・広島大学政経学部卒業。
・テレビドラマの脚本家。
1987年、『うちの子にかぎって…スペシャルII』で脚本家デビュー。

主な作品
女王の教室』2022年9月30日 23:59まで配信
ハケン占い師アタル』2021年3月31日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

King Gnu「三文小説」

 

あらすじ 第6話

望美(柴咲コウ)は、初めて多恵(鈴木保奈美)から離れることに不安を隠しながらも、結人(坂口健太郎)との「幼い同棲」を始める。

周囲に交際を認めてもらうために真面目に生きようと誓う結人と望美。代行業をやめて教師の職を探す結人は、望美がアナウンサーの夢を諦めていないことを知るが、現実の厳しさを伝えられずにいた。

一方多恵は、望美のいない寂しさを紛らわせように仕事に没頭する……。

 

勢いで会社を辞めた愛美(橋本愛)は、夢だったグラフィックデザイナーを目指すも就活は難航。

お酒のトラブルで会社をクビになった進次(田中哲司)は行き場をなくし、酔って時岡家を訪ねる。

望美が出て行ったことを知り、つい多恵に勝ち誇ったような態度をとるが、一蹴される。

 

一方、理想の教師像を掲げる結人は、採用してくれる小学校が見つからず次第に追い込まれていく。

そんな結人を励まし、自分もアナウンサーになる努力を続ける。

 

そんな中、愛美が二人のアパートを訪れる。

無邪気に夢を追う望美から“本当は多恵の元に帰りたいのでは?”と本質をつかれついカッとなる愛美。

さらに家族の幸せを心から願う望美は、思いがけない行動に出る。

 

「35歳の少女」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト


時岡望美(ときおか のぞみ)〈35〉……柴咲コウ
将来の夢はアナウンサーになることだったが、小学4年生の時に事故に遭い植物状態となる。25年後、心は10歳で身体は35歳の状態で目覚める。

 


広瀬結人(ひろせ ゆうと)〈35〉……坂口健太郎
望美の同級生であり初恋の相手。
小学校の教師をしていたが、ある事故をきっかけに退職。それ以降は自信なさげに生きてきたが、望美が目覚めたことにより再び恋心が芽生えるようになる。

 

時岡愛美(ときおか まなみ)〈32〉……橋本愛
望美の妹。
大手広告代理店の営業部に勤務。仕事ができるしっかり者だが、恋には不器用。姉である望美が目覚めたことで自分の存在意義に苦しむことになる。

 

今村進次(いまむら しんじ)〈58〉……田中哲司
望美の父。
かつては大手ハウスメーカーの営業マンで成績も優秀だったが、望美の事故をきっかけに離婚。加奈と再婚したが、前の家族に未練があり家族関係は上手くいっていない。

 

時岡多恵(ときおか たえ)〈57〉……鈴木保奈美
望美の母。
望美の事故後に夫の進次と離婚。25年間眠り続ける娘の望美の意識回復を信じている。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.ntv.co.jp/shojo35/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、土曜ドラマ35歳の少女に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ