君と世界が終わる日に ネタバレあらすじ第7話とキャストや相関図

君と世界が終わる日に

ネタバレ あらすじ 第7話とキャストや相関図
2021年01月17日(日)スタート
毎週日曜 夜10時30分~11時25分
【日本テレビ系】2月28日 第7話 放送予定
公式サイト

竹内涼真・主演

“#噛まれたら終わり”のゾンビサバイバル


緊急速報をお伝えします。

「現在、暴徒化した集団による暴行・傷害事件が三浦半島各地で多数目撃されています。
襲われた被害者はいずれも同様の暴徒化が確認されており、混乱に歯止めが効かない状況になっています。

付近住民の皆さんは戸締りをして、決して自宅から出ることのないようお願いいたします。
繰り返します— 」

 

Sponsored Links

 

脚本
池田 奈津子(いけだ なつこ)・神奈川県出身。
・早稲田大学商学部卒。
・脚本家。

主な作品
宮沢賢治の食卓』2021年7月31日 23:59まで配信
真犯人』2021年7月31日 23:59まで配信

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

菅田将暉「星を仰ぐ」(Sony Music Labels Inc.)

 

挿入歌
安田レイ「Not the End」(Sony Music Labels Inc.)
  

 

あらすじ 第7話

響(竹内涼真)が遭遇したのは、病死したはずの母・琴子(臼田あさ美)のゴーレムだった!

変わり果てた母の姿にショックを受けた響は、トドメをさせないままその場を後にする……。

 

一方、響を心配して引き返した佳奈恵(飯豊まりえ)とミンジュン(キム・ジェヒョン)は、来美(中条あやみ)と勝利(田中奏生)に鉢合わせる!

妹を“テロリスト”に殺されたと思い込む勝利はミンジュンに襲いかかるが……!

来美は勝利を守るため、ミンジュンにナイフを向ける!

 

怪我を負いながらもなんとかその場を立ち去ったミンジュンと佳奈恵。

しかし、二人の前に現れたのは血の匂いに誘われた琴子のゴーレムだった!

絶体絶命の状況でゴーレムともみ合いになるミンジュン。

しかし、腕に残された噛み傷からは血が滴っていて……!!

 

首藤(滝藤賢一)は、ワクチン開発に必要なゴーレムがテロリストによって放たれたとうそぶき、駐屯地内に武装した自警団が必要だと主張。

皆を扇動しようとしていた。

テロリストを憎む来美もまた、首藤の影響を受け始めていた……。

 

その頃、御前崎(宇野祥平)に助け出された響は猿ノ島にいた。

かつて研究員をしていた御前崎から、首藤の恐るべき本性を聞く響。

首藤は研究に取り憑かれるあまり、琴子や生きた人間を実験台にしていたのだ!

さらに響は、自分が来美を助けようと危険を冒したことで、ミンジュンがゴーレムに噛まれたことを知り責任を感じる。

 

そんな中、響たちが駐屯地から尾けられていたことが発覚する!

尾けてきたのは、ミンジュンの姉で首藤の右腕・ジアン(玄理)……!

 

響はジアンからある条件を出される。

それは響がテロリストとして投降すれば、ミンジュンのためのワクチンを手配し、他の仲間たちを不問にしてもいいというものだった。

ミンジュンがゴーレムに変わるまでもう時間がない!

響は最後の望みに賭け、一人投降することを決める!

 

日曜ドラマ「君と世界が終わる日に」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


間宮響(まみや ひびき)〈26〉……竹内涼真
自動車整備工
高校時代から付き合っている恋人の来美と同棲中。高校時代は弓道部に所属。
料理が得意。忍耐強いが、その半面諦めが悪い。死と隣り合わせの“生ける屍がさまよう終末世界”を生き抜くたくましいサバイバーとなる。


小笠原来美(おがさわら くるみ)〈26〉……中条あやみ
研修医
響の恋人。優秀な成績で有名大学医学部を卒業し、研修医として働く。
自分に厳しいしっかり者だが、響の前では年相応の顔も見せる。高校時代は響と同じ弓道部に所属。“生ける屍の世界”になった後、響の前から姿を消す。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.ntv.co.jp/kimiseka/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、日曜ドラマ君と世界が終わる日にに関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ