警視庁・捜査一課長シーズン5 あらすじ第10話(最終回)とキャスト

警視庁・捜査一課長シーズン5

2018年04月08日(木)スタート
毎週木曜 夜8時00分~8時54分
【テレビ朝日系】6月17日 第10話(最終回) 放送予定
※最終回2時間スペシャル
公式サイト

主演・内藤剛志が節目の決意!

2021年春も…『必ずホシをあげる!』

“叩き上げの男”大岩純一捜査一課長と熱き刑事たちが
被害者の無念を晴らすため、東京全土を疾走する!

 

Sponsored Links

 

脚本

安井国穂、田辺満 ほか

安井 国穂(やすい くにほ)・1961年生まれ。
・脚本家。松竹シナリオ研究所出身。
テレビ東京「月曜女のサスペンス」でデビュー

 

田辺 満(たなべ みつる)・9月12日生まれ。
・大阪府出身。
・日活芸術学院卒。
・テレビドラマ、映画の脚本家。

 

主題歌

石崎ひゅーい『アヤメ』(EPICレコードジャパン)
5月7日に配信リリース

あらすじ 第10話(最終回)

カリスマ食品サンプルデザイナー・神下茂(林泰文)の刺殺体が、彼のアトリエで見つかった。

神下はひと口食べただけでどんな料理でもサンプルとして再現することができる神業の持ち主で、ナポリタンスパゲティーの食品サンプルを手にしたまま息絶えていた。

臨場した警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、複雑な表情を浮かべる。

神下は10年前、ある殺人事件の被疑者として取り調べた人物だったのだ――。

 

そもそも事件のはじまりは、10年前、洋食店の娘・品原試子(三戸なつめ)が店主の父・誉(遠山俊也)に内緒で、神下にナポリタンのサンプル制作を依頼したことにあった。

神下は見事な作品を作り上げたが、自らの料理の腕前だけで客を呼べると自負する誉は店にサンプルを置くことを拒否。

数日後、神下がそのサンプルを強引に売りつけたライバル洋食店の店主が、遺体となって見つかったのだ。

当時、管理官として捜査の陣頭指揮を執っていた大岩は誉と神下を取り調べたが、誉は黙秘を続けた後、病死。

一方で神下の犯行を示す証拠もつかめず、事件の発端となったナポリタンのサンプルも見つからないまま、事件は迷宮入りしていたのだった。

 

神下の遺体が所持していたのは10年前、事件のきっかけとなった食品サンプルなのか…!?

大岩は部下たちとともに捜査を開始するが、そこへ華やかな美女が現れる。

彼女はパリ警視庁の捜査員・清水花絵(馬場ふみか)で、花絵によると神下が10年前に作ったナポリタンのサンプルはフランスで芸術として認められ、パリの博物館に展示されていたという。

ところが2日前、「神下が自分の作品を奪いに行く」という謎の電話がパリ警視庁に入り、博物館に急行したところ、すでに作品が消えていたと話す。

だが、鑑定の結果、遺体が所持していたナポリタンのサンプルは、神下の作品に似せた贋作と判明。

犯人は神下を殺害した後、彼がパリから持ち帰ってきた本物と贋作をすり替えたのだろうか…!?

その矢先、現場から試子の指紋が付着した「復讐してやる」と記された手紙が見つかり、大岩は10年ぶりに試子のもとへ事情を聴きに向かうが…!?

 

木曜ミステリー「警視庁・捜査一課長シーズン5」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

大岩純一(おおいわ・じゅんいち)………内藤剛志

警視庁捜査一課長。
400名以上の精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。
都内で起きたすべての凶悪事件の現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たる。“ヒラから成り上がった叩き上げの刑事”として捜査員たちからの信頼も厚いが、その業務は多忙を極める。ひとり娘を病で失った悲しい過去があり、月命日には娘の好物だったカレーとプリンを食べることに決めている。

平井真琴(ひらい・まこと)………斉藤由貴

警視庁捜査一課・現場資料班主任。
洞察力と直感力に優れた女性刑事。
小山田管理官との凸凹コンビで、大岩一課長をサポートしている。犯人逮捕に向けて、ゲン担ぎで大福をよく食べる(※大福は黒い餡=犯人を白い餅で包んでいることから警察にとっては縁起物の和菓子)ことから、大岩には“大福”というあだ名でよばれている。ユニークな言動で周囲から浮いてしまうことも多いが、大岩からは絶大な信頼を寄せられている。

笹川健志(ささがわ・たけし)………本田博太郎

警視庁刑事部長、大岩の上司。
捜査に行き詰った大岩を激励する。
捜査方針をめぐって重大なリスクが生じる場面でも、その責任を部下には決して背負わせず、自らがすべてを被ろうとする男気の強い人物。

天笠一馬(あまがさ・かずま)………鈴木裕樹

警視庁捜査一課刑事。
遊軍刑事として、現場の最前線で事件捜査に当たる。事件発生時には管理官・小山田と共に行動することが多い。かつて大岩が乗りこむ公用車の運転担当だったこともあり、一課長からの信頼も厚い。

古代学(こだい・まなぶ)………飯島寛騎

警視庁・鑑識課。
臨場する大岩らに対し、若者視点ならではの事件ポイントを提示することで事件解決への端緒を与える。検視官としての能力が高く、大岩も一目置いている。

板木望子(いたき・もちこ)………陽月華

警視庁捜査一課管理官。
捜査本部を統括する立場であり、捜査会議では進行役を担う。厳しく辛い捜査ほど奮起するタイプで、追い込まれたときに最も本領を発揮する。

奥野親道(おくの・ちかみち)………塙宣之

大岩一課長の公用車の運転担当刑事。
元々優秀な刑事だったが、妻の病死後、子育てのためしばらく事務職に移り、再び現場に戻ってきた異色の刑事。主夫経験で得た生活の知恵や女子力を武器に、事件捜査に奔走する。大岩からは“ブランク”というあだ名で呼ばれている。大岩の側近として一課長の苦悩や本音を唯一聞くことができる存在でもある。

大岩小春(おおいわ・こはる)………床嶋佳子

大岩の妻。
愛娘の死を乗り越え、多忙を極める夫・大岩をいつも笑顔で支えてきた。小春との何気ない日常会話から、大岩が事件解決のヒントを得ることも多い。

小山田大介(おやまだ・だいすけ)………金田明夫

警視庁捜査一課・庶務担当管理官。
大岩の右腕となって捜査を進めていく。
多数の捜査員を動員して行う“大捜索”で目標物を探し当てる能力が人一倍高いことから、“見つけのヤマさん”ともよばれている。恐妻家で、妻には弱い。

 

ほか

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho5/cast/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、木曜ミステリー警視庁・捜査一課長シーズン5に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ