ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜 ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図

ラジエーションハウスII

ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図
2021年10月04日(月)スタート
毎週月曜 夜9時00分~9時54分
【フジテレビ系】11月8日 第6話 放送予定
公式サイト

主演・窪田正孝

あの変わり者の天才放射線技師が帰ってくる!
チーム“ラジハ”が、“視えない病”を診つけ出す!!

 

Sponsored Links

 

原作

横幕 智裕「ラジエーションハウス」(原作:横幕 智裕 漫画:モリタイシ GJ/集英社)
  

 

脚本
大北 はるか(おおきた はるか)・脚本家。
・早稲田大学商学部卒業。
・主にフジテレビ制作のドラマの脚本を担当。

主な作品・テレビドラマ
『好きな人がいること』『刑事ゆがみ』『グッド・ドクター』など。

 

主題歌

MAN WITH A MISSION『Remember Me』(ソニー・ミュージックレコーズ)

 

あらすじ 第6話

杏(本田翼)をめぐる唯織(窪田正孝)と辻村(鈴木伸之)の静かなバトルが続いていた。

ある日、辻村は、唯織の目の前で杏を誘い、一緒にランチに出かける。すると灰島(髙嶋政宏)から、至急戻るよう連絡が入る。

辻村が、医療過誤で訴えられたのだ。

 

同じころ、ラジエーションハウスでは、田中(八嶋智人)が男性患者のMRI検査を行っていた。

そのようすを見ていた軒下(浜野謙太)は、自分が撮り直すといって患者・武藤健(片寄涼太)の許可をもらい、再検査を行う。

実は、辻村を医療過誤で訴えたのは、この武藤という弁護士だった。

武藤は、精密検査を受けるという形で甘春総合病院に入り込み、スタッフの仕事ぶりや設備をチェックしていた。

 

武藤は、辻村が重大な病気を見逃した、とだけ告げると、思い当たることがあったら連絡してほしいとラジハメンバーたちに頼む。

エリートである医師は過ちを認めず、保身のためには隠ぺいにも手を染めるものだと決めつける武藤。

ラジハメンバーのもとを訪れたのも、地位や名誉とは無縁のスタッフならば本当のことを話してくれると信じているからだという。

自分たちを見下すような武藤の発言に不快感を抱く裕乃(広瀬アリス)やたまき(山口紗弥加)たち。

そんな武藤には、医師たちを敵視するある理由があり……。

 

月9「ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

五十嵐唯織…窪田正孝(幼少期:金井凛空

天才放射線技師
放射線科医として医師免許を持っているにも関わらず、幼少期の甘春杏との約束を守るため、放射線技師として働く主人公。2年のアメリカ留学を終え、再び古巣である「甘春総合病院」で勤務している。相変わらず杏のことが大好きだが、仕事とは正反対に恋にはまったくうだつがあがらない。

 

甘春杏…本田翼(幼少期:大島美優

放射線科医
五十嵐唯織の幼馴染みで、放射線科医。自分の父親が院長を務めていた「甘春総合病院」で働いている。2年前、『優秀な放射線科医に私はなる』と唯織に言った約束に、後ろめたい気持ちを持っている。

 

広瀬裕乃…広瀬アリス

放射線技師
「甘春総合病院」の放射線技師。新人としてチームに加わり、当初は戸惑いばかりでミスばかりだったが、持ち前の努力で徐々に成長し、いまや一人前に。五十嵐のことを密かに想っている。

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse2/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、月9ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ