ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜 ネタバレあらすじ第11話(最終回)とキャストや相関図

ラジエーションハウスII

ネタバレあらすじ第11話(最終回)とキャストや相関図
2021年10月04日(月)スタート
毎週月曜 夜9時00分~9時54分
【フジテレビ系】12月13日 第11話(最終回) 放送予定
公式サイト

主演・窪田正孝

あの変わり者の天才放射線技師が帰ってくる!
チーム“ラジハ”が、“視えない病”を診つけ出す!!

 

Sponsored Links

 

原作

横幕 智裕「ラジエーションハウス」(原作:横幕 智裕 漫画:モリタイシ GJ/集英社)
  

 

脚本
大北 はるか(おおきた はるか)・脚本家。
・早稲田大学商学部卒業。
・主にフジテレビ制作のドラマの脚本を担当。

主な作品・テレビドラマ
『好きな人がいること』『刑事ゆがみ』『グッド・ドクター』など。

 

主題歌

MAN WITH A MISSION『Remember Me』(ソニー・ミュージックレコーズ)
  

 

あらすじ 第11話(最終回)

唯織(窪田正孝)と杏(本田翼)は、小学校の同級生だった郷田一平(工藤阿須加)との再会を果たす。

唯織との記憶を失っていた杏は、唯織が同じ小学校の同級生だったという一平の言葉で、過去の記憶を思い起こそうとする。

杏の記憶がよみがえるかと思われたその時、一平は突然意識を失って倒れてしまう。

 

頭部CT検査の結果、一平の左中大脳動脈に血栓閉塞が見つかる。

その時、一平が甘春総合病院で眼科や皮膚科、消化器内科など、いくつもの科を受診していることが発覚。

杏たちは、何か別の病気が隠れている可能性を考えて追加の検査を行うことに。

 

軒下(浜野謙太)は、各科の担当医に、急患のためオーダーを受けていた検査が遅れることを説明し、頭を下げた。

それに対し、脳外ばかり優先されている、と反発する医師たち。

というのも、院長の灰島(髙嶋政宏)が今年度の収支データをもとに来年度の予算を決めると発表したためだった。

 

一平の病室を訪れる唯織。そこで一平は、唯織の存在を忘れていた杏のことに触れる。

杏は、転校する唯織を駅まで見送りに行った帰りに事故に遭い、そこで兄を失っていたのだ。

 

「唯織はね、世界一のカメラマンになって、私のお手伝いをするの」。

 

幼い頃に結んだ杏との約束。夢をかなえて今この場にいる喜びを分かち合いたい。

しかし自分を思い出すということは、杏にとって記憶にふたをしたつらい思い出も一緒に思い出すことになる――唯織の選択は……。

 

月9「ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

五十嵐唯織…窪田正孝(幼少期:金井凛空

天才放射線技師
放射線科医として医師免許を持っているにも関わらず、幼少期の甘春杏との約束を守るため、放射線技師として働く主人公。2年のアメリカ留学を終え、再び古巣である「甘春総合病院」で勤務している。相変わらず杏のことが大好きだが、仕事とは正反対に恋にはまったくうだつがあがらない。

 

甘春杏…本田翼(幼少期:大島美優

放射線科医
五十嵐唯織の幼馴染みで、放射線科医。自分の父親が院長を務めていた「甘春総合病院」で働いている。2年前、『優秀な放射線科医に私はなる』と唯織に言った約束に、後ろめたい気持ちを持っている。

 

広瀬裕乃…広瀬アリス

放射線技師
「甘春総合病院」の放射線技師。新人としてチームに加わり、当初は戸惑いばかりでミスばかりだったが、持ち前の努力で徐々に成長し、いまや一人前に。五十嵐のことを密かに想っている。

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse2/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、月9ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ