BS時代劇 剣樹抄(けんじゅしょう)~光圀公と俺~ ネタバレ あらすじ第5話とキャスト

剣樹抄(けんじゅしょう)~光圀公と俺~

2021年11月05日(金)スタート[全8回]
毎週金曜 夜8時00分~8時43分
【BSプレミアム】12月3日 第5話 放送予定
公式サイト

主演・山本耕史

「天下の副将軍・水戸黄門」
徳川光圀の若き日の活躍!

このドラマは、徳川光圀が異能の才を持つ少年少女たちの集団『拾人衆』を率いて、日本最大級の火災である「明暦の大火」を引き起こした火付け犯を追い詰めていく、徳川時代版「明智小五郎と少年探偵団」です。

 

Sponsored Links

 

原作

冲方丁「剣樹抄」
  

 

脚本
吉澤 智子(よしざわ ともこ)・神奈川県相模原市出身。
・明治学院大学社会学部を卒業。
・脚本家。
CM制作会社や新聞社を経て2008年に脚本家としてデビュー。

主な作品
ダメな私に恋してください』90日以内に配信終了の予定はありません
あなたのことはそれほど』90日以内に配信終了の予定はありません
初めて恋をした日に読む話』90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

PYG 「花・太陽・雨」
  

 

あらすじ 第5話

「座敷牢の男」

徳川光圀(山本耕史)は、氷ノ介(加藤シゲアキ)の部下である両火房(山口馬木也)を捕え、隠れ家を聞き出そうとするが口を割らない。

 

一方、氷ノ介は部下の鶴市(坪倉由幸)に辻斬りを命じる。

辻斬り現場には中山(西村まさ彦)の刀が置かれ、中山に下手人の疑いが掛かる。

 

光圀と旧友の剣豪・義仙(舘ひろし)は疑いを晴らすため立ち上がる。

そして、光圀の正室・泰姫(松本穂香)は座敷牢の両火房と会って話したいと言い出す。

 

BS時代劇「剣樹抄(けんじゅしょう)~光圀公と俺~」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

水戸光圀…山本耕史

才気溢れる、水戸徳川家の世継ぎ。
幕府の隠密集団「拾?衆」の?付。心優しく、了助達にも分け隔てない情愛を注ぐ。腕の立つ剣豪でありながら、文事をこよなく愛する。妻の泰姫を病身にした大火の首謀者らを憎む。

 

泰姫…松本穂香

光圀の妻。
公家・近衞家の姫で後水尾天皇の姪。その人となりを「天姿婉順(てんしえんじゅん)」と称される美少女。詩歌を好み、心軽やかで物事に捉われず、時に光圀も頭が上がらない。明暦の大火により病に身をやつす。

 

錦氷ノ介…加藤シゲアキ

隻腕の、美形の剣豪。
華やかな着物を纏う、かぶき者。冷酷な性格で、大火の火付けを主導していた。人を斬るのに躊躇がない。実の父である吽慶との間に、並々ならぬ因縁がある。

 

ほか

 


出典:https://www.nhk.jp/p/ts/7KJWN4NYX5/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、BS時代劇剣樹抄(けんじゅしょう)~光圀公と俺~に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ