二月の勝者-絶対合格の教室- ネタバレあらすじ第9話とキャストや相関図

二月の勝者-絶対合格の教室-

2021年10月16日(土)スタート
毎週土曜 夜10時00分~10時54分
【日本テレビ系】12月11日 第9話 放送予定
公式サイト

主演・柳楽優弥

主人公は、激変する受験界に舞い降りた、
最強で最悪のスーパー塾講師黒木蔵人

「中学受験は課金ゲーム」
「親はスポンサー」

「子供を合格に導くのは、
父親の経済力と母親の狂気」

未来を生き抜くために、
いま子供たちに教えるべきことは何なのかー。

 

Sponsored Links

 

原作

高瀬志帆「二月の勝者-絶対合格の教室-」(小学館)
  

 

脚本
成瀬 活雄(なるせ かつお)・1963年6月29日生まれ。
・愛知県刈谷市出身。
・東京大学文学部国文学専修課程卒業。
・映画監督、脚本家、劇作家、演出家。
1997年、『不機嫌な果実』(松竹)で監督デビュー。
最近はテレビ番組にも進出、『夢で逢いましょう』『嫌われ松子の一生』『小さな巨人』などの脚本を担当した。

主な作品
不機嫌な果実』90日以内に配信終了の予定はありません
小さな巨人』90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2021年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

DISH//「沈丁花」(ソニー・ミュージックレコーズ)
  

 

あらすじ 第9話

受験本番まであと三ヶ月。

黒木(柳楽優弥)は配布した「絶対合格カレンダー」に家族と話し合って決めた志望校を記入し提出するよう生徒たちに指示する。

Ωクラスの上杉海斗(伊藤駿太)は、意を決し、開成を受験したいことを母の麻沙子(馬渕英里何)に打ち明け、これまで優秀な双子の弟と比べられ続けてきた海斗の思いを初めて打ち明ける。

 

その後、講師たち一同が集まり、模擬テストの結果や提出された志望校名を基に、生徒たちの受験校検討会が行われた。

一人一人の受験プランを熱心に検討する講師たちだったが、Rクラス・今川理衣沙(渡邉心結)は、本人の偏差値に見合わない学校名を書いて提出していた。

 

母親・紹子(春日井静奈)が知名度だけで選んだ難関校のようで佐倉(井上真央)は頭を抱える。

紹子の根拠は、理衣沙に過去問をやらせた際に合格点が取れたから、というものだった。

 

紹子が持ち込んだ理衣沙の答案用紙を見た黒木は、試行錯誤の形跡が全く無く、カンニングしたものだと断定する。

動揺する佐倉だが、黒木の命題は、「いかに保護者にこの不正を知らせず、理衣沙を受験に向き合わせるか」というものだった。

果たして佐倉はどのように理衣沙を導くのか……?

 

土曜ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」公式サイトより

 

Sponsored Links

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

黒木蔵人(34)…柳楽優弥

スーパー塾講師
業界最大手の名門中学受験塾「ルトワック」から業績不振の中堅塾「桜花ゼミナール」に校長として迎えられたスーパー塾講師。
着任早々、新6年生 に「全員を第一志望に合格させる」と宣言。
受験塾はサービス業、子供の将来を売る場所だと言い切り波紋を呼ぶ。
しかし、その超現実的で本音主義の黒木は、その鋭い洞察力と行動力で個々の生徒の本質を見抜き、親たちの不安を解決に導いていく。

 

佐倉麻衣(29)…井上真央

新任塾講師(算数)
今年、桜花ゼミナール吉祥寺校に採用された新任講師。
中学教員経験のある佐倉は冷徹な黒木の発言や指示に何かと反発。
しかし黒木の才腕にはいつもかなわない。
子供の頃から教師に憬れ中学教員となった佐倉だったが、ある事件をきっかけに教師をドロップアウトした経緯がある。
今回、黒木との出会いと、この塾での経験を通し成長していくことに。

 

白柳徳道(65)…岸部一徳

桜花ゼミナール社長
黒木を吉祥寺校校長に迎え入れ、佐倉をたった一度の面接で講師に採用した人物。
普段は高姿勢で敵無しの黒木も、白柳には絶対服従している。
一見デタラメっぽく見えるが、時に眼光鋭い。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.ntv.co.jp/2gatsu/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、土曜ドラマ二月の勝者-絶対合格の教室-に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ