もしも、イケメンだけの高校があったら ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図

もしも、イケメンだけの高校があったら

2022年01月15日(土)スタート
毎週土曜 夜11時00分~夜11時30分
【テレビ朝日系】2月19日 第6話 放送予定
公式サイト

主演・細田佳央太

普通の高校生が迷い込んだのは
イケメン強豪校!

真の<イケメン>とは何か?
<かっこよさ>とは何か?

個性豊かなイケメン高校生たちが、「全国選抜高等学校イケメン大会」という1つの大きな目標に向かって競い合いながら突き進む

 

【スポンサーリンク】

 

原作
秋元 康(あきもと やすし)・1958年5月2日生まれ。
・東京都目黒区大橋出身。
・放送作家・作詞家・プロデューサー。
株式会社秋元康事務所所属。

 

脚本

服部隆 遠山絵梨香 ほか

服部隆(はっとりたかし)・1982年生まれ。
・京都府出身。
・東京藝術大学大学院 映画専攻 脚本領域 卒業
・脚本家

 

遠山絵梨香(とおやまえりか)・1983年生まれ。
・神奈川県出身
・脚本家

 

主題歌

情報が入り次第追記します♪

 

あらすじ 第6話

選抜イケメン大会に向けて美南学園にテレビの取材が入り、優勝候補として紹介される。

世間の注目が高まったことでイケセン候補者たちは調子に乗るが、エースイケメン・柳一星(宮世琉弥)はそんな浮かれるイケセン候補者たちに「自分は何としてでも全国にいくんだ」と喝を入れて、スパルタ特訓を強いる。

柳の特訓はどんどんハードになっていき、ついていけないイケセン候補者たちは我慢の限界!

やがて柳は孤立していくことに。

ひとり躍起になっていた柳だったが、そんな中、暴力事件に巻き込まれてしまい、美南学園はイケセン出場停止の大ピンチに!?実はその背景には桜井カンナ(遠藤さくら)が関係していた!?

 

龍馬(細田佳央太)も知らなかったカンナと柳の秘密が明かされる!!

 

土曜ナイトドラマ「もしも、イケメンだけの高校があったら」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

池田龍馬(いけだ・りょうま)16
細田佳央太

美南学園1年。
池田メンタルクリニックの息子で、メンタルが強く、鈍感力に優れている。高校受験に失敗し、二次募集で美南学園に奇跡的に合格。美南学園がどんな学校か知らずに入学し、入学式で初めて周りがイケメンばかりだと気づき驚がくする。

 

柳 一星(やなぎ・いっせい)16
宮世琉弥

美南学園1年。
圧倒的ルックスと財力、欠けているものは何一つないエース的存在。スケボーが得意。

 

若林拓実(わかばやし・たくみ)16
藤原大祐

美南学園1年。
爽やかな雰囲気で、優しく、学内一の情報通。誰よりも選抜イケメン大会に出場したいという熱い思いがある。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/moshiike/cast/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、土曜ナイトドラマもしも、イケメンだけの高校があったらに関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ