純愛ディソナンス ネタバレあらすじ第10話とキャストや相関図など

純愛ディソナンス

ネタバレあらすじ第10話とキャストや相関図
2022年07月14日(木)スタート[全11話](予定)
毎週木曜 夜10時00分~10時54分
【フジテレビ系】9月15日 第10話 放送予定
公式サイト

主演・中島裕翔

女子生徒との決して
一線を越えてはいけない関係を描く
令和の新・純愛×ドロドロエンターテインメント!!

 

【スポンサーリンク】

 

脚本

倉光泰子 玉田真也 大林利江子

倉光 泰子(くらみつ やすこ)・1983年8月22日生まれ。
・埼玉県熊谷市出身。
・日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業、東京芸術大学大学院映像研究科脚本領域修了。
・脚本家。

主な作品
うきわ ―友達以上、不倫未満―』90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2022年7月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

Hey! Say! JUMP『Fate or Destiny』(ジェイ・ストーム)

 

あらすじ 第10話

正樹(中島裕翔)のもとに、服役中の元同僚・加賀美(眞島秀和)から手紙が届いた。

手紙には「すぐそばに禍が迫っている。

過去からは、逃れられない」と書かれていた。

加賀美と接見した正樹は、手紙の言葉の意味を尋ねた。

加賀美はそれには答えず、愛菜美(比嘉愛未)との結婚や、現在、正樹が冴(吉川愛)と交際していることに触れ、「あの時、俺が言った通りになったな」と告げる。

 

一方、路加(佐藤隆太)は、『セカプリ』の顧客情報流出の責任をとり、代表の座を退くと発表する。

冴は、行方がわからない木之本(清水伸)が関係しているのではないかと路加に告げる。

だが路加は、「カリスマ社長をやるのも飽きてきた」などと言って出て行ってしまう。

 

『モノリスエステート』社長の賢治(光石研)は、路加の謝罪動画を見て喜んでいた。

「これでもう私がこの会社にいる必要はないのでは?」と賢治に問う正樹。

すると賢治は、「これが最後だ」といって正樹に書類を渡す。

それは、正樹の父・秀雄(神保悟志)が理事長を務めていた学校法人『立秀学園』の土地の売買契約書だった。

 

アルバイトから戻った冴は、自室に静(富田靖子)がいることを知って驚く。

だが、冴が部屋を出て行こうとすると、背後で突然、静が倒れた。

冴は、静が搬送された病院で、彼女が3年前に胃がんの手術をしており、昨年再発したと聞かされる。

 

そんな中、賢治からの指示を受けた正樹は、5年ぶりに実家を訪れるが……。

 

木曜劇場「純愛ディソナンス」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

新田正樹(にった まさき)
……中島裕翔

桐谷高校の音楽教師。
前任教師が失踪したことに伴い赴任。

 

和泉冴(いずみ さえ)
……吉川愛

桐谷高校に通う女子高生。
正樹のクラスの生徒。

 

ほか

出典:https://www.fujitv.co.jp/lovedisso_fuji/chart/index.html

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.fujitv.co.jp/lovedisso_fuji/chart/index.html

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、木曜劇場「純愛ディソナンス」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ