合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~ ネタバレあらすじ第3話とキャストや相関図など

合理的にあり得ない
~探偵・上水流涼子の解明~

ネタバレあらすじ第3話とキャストや相関図
2023年04月17日(月)スタート
毎週月曜 夜10時00分~10時54分
【フジテレビ系】5月1日 第3話 放送予定
公式サイト

主演・天海祐希

 

不条理がまかり通る現代の“あり得ない”敵を、“あり得ない”手段で葬る、極上痛快エンターテインメント。乞うご期待!!

 

【スポンサーリンク】

 

原作

柚月裕子「合理的にあり得ない 上水流涼子の解明」(講談社文庫)  

合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 (講談社文庫)

合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 (講談社文庫)

柚月裕子
770円(07/19 01:41時点)
発売日: 2020/05/15
Amazonの情報を掲載しています

 

脚本

根本 ノンジ(ねもと ノンジ)・千葉県生まれ。
・脚本家、放送作家。
小劇団の作演出などを務めながら、構成作家として活動。

主な作品
・左ききのエレン

・しろめし修行僧

「広告」

※本ページの動画情報は2023年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

ざきのすけ。「彼は誰どき」(ソニー・ミュージックレーベル)

 

あらすじ 第3話

「謎の予知能力者に涼子(天海祐希)が大ピンチ!?“見えない力”にすがる二代目社長の目を覚ますべく、涼子と貴山(松下洸平)がトリックを見破ろうと手を尽くすが…」

久実(白石聖)が働き始めた『上水流エージェンシー』に、諫間(仲村トオル)の紹介だという本藤朝子(神野三鈴)がやって来る。

聞けば、苦労して大きくした建設会社の社長だった夫が2年前に他界。

息子の本藤仁志(笠原秀幸)が後を継いだものの、彼は父と違って決断力に乏しく、事あるごとに会長である母に判断を仰ぐという。

さらに、近頃は高円寺裕也(高橋克実)という怪しげな予知能力者にも頼っているといい、朝子は「息子の目を覚ましてほしい」と涼子(天海祐希)に依頼する。

 

仁志が、秘書の新井大輔(安井順平)を伴い、高級クラブで高円寺と会うことを知った涼子は、ホステスに扮(ふん)して店に潜入。

どこかうさんくさい高円寺をそれとなく挑発すると、案の定、高円寺は自らの予知能力を見せると言い出し、店に入ってくる客の素性を次々に言い当てる。

その能力にすっかり魅了された仁志は、高円寺を自社の経営コンサルタントに据えようとするが、朝子の反対がある限り、それはできないと突っぱねる新井。

すると高円寺は、もっと高い予知能力を見せると宣言し、その会場は、涼子の巧みな誘導によって本藤家に決まる。

 

丹波(丸山智己)の調べによると、この半年間で、予知能力による詐欺の被害はいくつか確認されており、涼子はこれらすべてが高円寺の仕業だと確信。

何とかトリックを見破ろうとするが、迎えた実演当日、おおよそ仕込みとは思えない予知能力を前に、涼子と貴山(松下洸平)はなすすべもなくー。

 

月10ドラマ「合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

上水流涼子(かみづる りょうこ)
……天海祐希

高い知性と美貌を持ち合わせる探偵。
凄腕の弁護士として多くの事件を担当していたが、ある傷害事件をきっかけに弁護士資格を剥奪されてしまう。

 

貴山伸彦(たかやま のぶひこ)
……松下洸平

涼子の相棒。IQ140の天才。
偶然の出会いから「探偵事務所 上水流エージェンシー」で働くことに。

 

ほか

 

出典:https://www.ktv.jp/arienai/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.ktv.jp/arienai/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、月10ドラマ「合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ