合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~ ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図など

合理的にあり得ない
~探偵・上水流涼子の解明~

ネタバレあらすじ第6話とキャストや相関図
2023年04月17日(月)スタート
毎週月曜 夜10時00分~10時54分
【フジテレビ系】5月22日 第6話 放送予定
公式サイト

主演・天海祐希

 

不条理がまかり通る現代の“あり得ない”敵を、“あり得ない”手段で葬る、極上痛快エンターテインメント。乞うご期待!!

 

【スポンサーリンク】

 

原作

柚月裕子「合理的にあり得ない 上水流涼子の解明」(講談社文庫)  

合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 (講談社文庫)

合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 (講談社文庫)

柚月裕子
770円(07/25 13:46時点)
発売日: 2020/05/15
Amazonの情報を掲載しています

 

脚本

根本 ノンジ(ねもと ノンジ)・千葉県生まれ。
・脚本家、放送作家。
小劇団の作演出などを務めながら、構成作家として活動。

主な作品
・左ききのエレン

・しろめし修行僧

「広告」

※本ページの動画情報は2023年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

ざきのすけ。「彼は誰どき」(ソニー・ミュージックレーベル)

 

あらすじ 第6話

「母と妹を殺したのは一体誰!?貴山(松下洸平)の悲しい過去が明らかに! 現職副大臣と建設会社社長の黒い関係!?政治とカネの疑惑は思わぬ余波を生み…」

6年前、アメリカで暮らす貴山(松下洸平)のもとに届いた母と妹の死の知らせ。2人は就寝中、家に火をつけられ殺害された。

警察によると、犯人は当時外務省の官僚だった父・勇作(小林隆)の可能性があるという。

しかし、自らも火事に巻き込まれた勇作は、事件以来、放火殺人の容疑をかけられたまま植物状態に。

貴山は、いつ意識が戻るか分からない父の看病を続けながら、ある強い思いを胸に秘めていた。

涼子(天海祐希)もまた、そんな貴山の過去を秘密裏に知り…。

 

ある日、線路に転落して亡くなった夫の死の真相を調べてほしいという女性が上水流エージェンシーにやって来る。

その女性によると、建設会社に勤務していた夫は、死の直前、「いつか俺は社長に殺されるかもしれない」とおびえていたという。

しかし、警察はこの証言を取り合わず、なぜか捜査も打ち切りに。

 

夫が勤めていた八雲建設の社長・八雲治(浅野和之)は、アジアの途上国へ多額の寄付をするなど、慈善家として知られる人物。

一方、美食家としても有名で、慈善家とは思えないぜいたくざんまいな日々に、涼子や貴山は嫌悪感を抱く。

やがて、八雲が料亭で、現職の国会議員で外務副大臣の増本幸次郎(石黒賢)と会食することを突き止めた涼子たちは、何やらきなくさい空気を感じてー。

 

月10ドラマ「合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

上水流涼子(かみづる りょうこ)
……天海祐希

高い知性と美貌を持ち合わせる探偵。
凄腕の弁護士として多くの事件を担当していたが、ある傷害事件をきっかけに弁護士資格を剥奪されてしまう。

 

貴山伸彦(たかやま のぶひこ)
……松下洸平

涼子の相棒。IQ140の天才。
偶然の出会いから「探偵事務所 上水流エージェンシー」で働くことに。

 

ほか

 

出典:https://www.ktv.jp/arienai/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.ktv.jp/arienai/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、月10ドラマ「合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ