未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 第2話とキャストや相関図

未解決の女 警視庁文書捜査官

2018年04月19日(木)スタート
毎週木曜 夜9時00分~9時54分
【テレビ朝日系】4月26日 第2話 放送予定
公式サイト

波瑠×鈴木京香

肉体派×頭脳派…最強の女刑事バディが
“文字”を糸口に未解決事件を鮮やかに解決!

“熱血バカ”と称される肉体派刑事・矢代朋
文書解読のエキスパートで頭脳派の鳴海理沙

一見正反対のタイプに思える矢代と鳴海がバディを組むことで、互いの根底に共通するものを見い出し、息の合った相棒へと成していく。新感覚のミステリードラマ。乞うご期待!

 

Sponsored Links

 

原作:麻見和史「警視庁文書捜査官」(角川文庫/KADOKAWA)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

警視庁文書捜査官 (角川文庫) [ 麻見 和史 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2018/4/3時点)

 

 

脚本:大森美香

主題歌:平井 堅『知らないんでしょ?』(アリオラジャパン)

 

あらすじ 第2話

大手IT企業の社長令嬢が連れ去られ、1億円もの身代金を要求される誘拐事件が発生する。早期解決を目指す捜査本部は、各部署から人員をかき集め体制を強化。「特命捜査対策室」からも第6係の刑事・矢代朋(波瑠)が招集される。

誘拐されたのは中学生の幸田遥花(畑芽育)。犯人が電話で、父親・幸田雅也(戸次重幸)に遥花の声を聞かせたとき、遥花は「かもめ」とだけ口にしたという。まるで意味が分からない朋だが、その一言は文字フェチの同僚・鳴海理沙(鈴木京香)に12年前のある未解決事件を思い出させることに…!

それは主婦・坂下菜々美(高岡早紀)の娘・芽衣が誘拐された事件。実は当時、芽衣も今回と同様に「かもめ」という言葉を発していた――。

まもなく身代金の受け渡し役に任命された朋は、雅也の秘書に扮し、指定場所に赴く。ところが犯人の指示で方々を走らされた結果、自慢の体力があだとなり、本物の秘書でないことが犯人に露見! 身代金はまんまと誘拐犯の手に渡り、人質も解放されないという最悪の事態を招き…。

一方、理沙は「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)から、犯人と雅也の通話解析を命じられる。そんな中、朋は先輩刑事・草加慎司(遠藤憲一)から、12年前の未解決事件の詳細を聞くことに。その事件は、今回の誘拐事件と奇妙な共通点を持っていただけでなく、理沙を人嫌いにさせる原因にもなっていて…!?

 

ゲスト

坂下 菜々美(40)………高岡 早紀
12年前、ショッピングモールで目を離した隙に幼い娘・芽衣を誘拐された主婦。

幸田 雅也(45)………戸次 重幸
大手IT企業の社長。妻は長らく入院しており、娘・遥花と2人きりの生活が続いている。

幸田 遥花(15)………畑 芽育
幸田雅也の娘。入院している母親の見舞いに向かう途中、何者かによって誘拐される。

 

キャスト

矢代 朋(やしろ・とも)(28)………波瑠
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。巡査部長。

鳴海 理沙(なるみ・りさ)(48)………鈴木 京香
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。警部補。

古賀 清成(こが・きよなり)(50)………沢村 一樹
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長。警視。

岡部 守(おかべ・まもる)(32)………工藤 阿須加
警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事。巡査部長。

財津 喜延(ざいつ・よしのぶ)(58)………高田 純次
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の係長。警部。

川奈部 孝史(かわなべ・たかし)(55)………光石 研
警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の係長。警部。

草加 慎司(くさか しんじ)(53)………遠藤 憲一
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の主任。警部補。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ