リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~ ネタバレ あらすじ 第4話とキャストや相関図

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~

2018年10月11日(木)スタート
毎週木曜 夜9時00分~9時54分
【テレビ朝日系】11月8日 第4話 放送予定
公式サイト

2018年秋、ヤバいヒロイン誕生!!

ワケあり弱小弁護士集団vs.大手法律事務所!
“勝利”を賭けた“無謀な戦い”が開幕

弁護士資格剥奪に、ドス黒い噂…
スキャンダラスな“元”弁護士が弱者を救う!?

Sponsored Links

脚本

橋本 裕志(はしもと ひろし)
1962年2月5日生まれ。
北海道出身。
小樽商科大学卒業。
脚本家。
主な作品
アニメ
『忍たま乱太郎』
『幽☆遊☆白書』
『金田一少年の事件簿』
映画
『フレフレ少女』
『映画 ビリギャル』
テレビドラマ
『ショムニ』シリーズ
『ウォーターボーイズ』シリーズ
『熟年離婚』
『華麗なる一族』
『獣医ドリトル』
『運命の人』
など

主題歌

SEKAI NO OWARI「イルミネーション」
※発売日:2018年11月12日

 

あらすじ 第4話

入院先の病院で深夜、「峰島興業」の会長・峰島恭介(竜雷太)が病死した。その遺産は200億円! 峰島会長は妻と離婚し、遺言書もなかったため、一人息子の社長・峰島正太郎(袴田吉彦)が全額を相続する…という方向で話は落ち着こうとしていた。

ところが斎場に突如、遺族も見知らぬ女性・峰島玲奈(島崎遥香)が現れたことで、状況は一変する。昼間は看護師、夜は銀座の高級クラブでホステスをしているという玲奈は、自分は峰島会長の妻で、遺産相続の権利があると主張! なんでも玲奈によれば、峰島会長が亡くなる前日、正確にはわずか4時間前に婚姻届を提出したのだという。

法律上、半分の100億円を相続する権利がある玲奈の出現に、正太郎は大慌て! 峰島会長に結婚の意志はなかったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に、玲奈を訴える。

一方、玲奈はお金目当てで付き合っていたわけではなく、結婚に関しても峰島会長から「遺産を譲りたいので結婚しよう」と言われたと断言。

一歩も譲らない構えで、友達の現役ホスト兼パラリーガル・茅野明(三浦翔平)を通し、元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)率いる「京極法律事務所」に弁護を依頼するが…。

やがて裁判の日がやってきた! 玲奈の指名で担当弁護士になった京極雅彦(高橋英樹)は、人生初の証人尋問に大はりきり。ところが、なぜか茅野が原告側の証人として出廷!

さらに、なかったはずの遺言書が存在することも露見し…!? 最悪の展開が続発する中、なぜ玲奈がそんなにも金を欲しがるのか、疑問に思い始める翔子。

一方、原告側を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」に所属するエリート弁護士・海崎勇人(向井理)は、秘密裏に怪しい動きを見せ…!?

 

 

View this post on Instagram

 

第3話、ご視聴ありがとうございました?? 次回は、11月1日(木)夜9時からです?? #リーガルv #第4話 #11月1日 #木曜よる9時

Legal_Vさん(@legalv2018)がシェアした投稿 –

ゲスト

峰島玲奈(みねしま・れな)………島崎遥香
「峰島興業」の会長・峰島恭介の妻。茨城から上京し、看護師をしていたところ、検査に訪れた峰島会長の世話をすることに。その後、峰島会長に紹介された銀座の高級クラブでバイトを始めた。入院中の会長からプロポーズされ、婚姻届を役所に提出。“50歳年下妻”となった4時間後に夫を亡くし、遺産の相続権を主張するが、遺族から訴えられてしまう。

峰島正太郎(みねしま・しょうたろう)………袴田吉彦
「峰島興業」の社長。亡き会長・峰島恭介の一人息子で、遺産200億円の相続権を有していた。ところが、峰島会長の妻・峰島玲奈が突如現れたことで、相続権が半減。会長には結婚の意志がなかったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に、玲奈を訴える。

峰島恭介(みねしま・きょうすけ)………竜雷太
「峰島興業」の会長。40年連れ添った妻とは2年前に離婚。玲奈と出会い、恋愛関係に発展した。自らプロポーズして婚姻が成立した4時間後に、入院先の病院で他界。生前、病気になった自分を見舞いにも来ない息子・正太郎や社員の薄情さを嘆いていた。

キャスト

小鳥遊 翔子(たかなし・しょうこ)(41)…米倉 涼子
「京極法律事務所」の管理人。自由奔放な言動で周囲を翻弄する元弁護士。かつて大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」に所属していたが、ある理由で弁護士資格を剥奪された。「暴力団とつるんで恐喝していたらしい」など黒い噂もあるが、真相は謎に包まれている。

海崎 勇人(かいざき・はやと)(39)…向井 理
「Felix & Temma法律事務所」のエース弁護士。小鳥遊翔子の元同僚で、恋人か…と噂された男。プライドが高く、上昇志向も強い。実家も金持ちで、小さいころから勉強もスポーツもできた“根っからのエリート”。裁判においては、自分の戦略に絶対の自信を持つ傲慢な性格で、勝つためなら時には違法な手段さえ用いてきた勝利至上主義者。代表弁護士・天馬壮一郎の期待に応え、汚れ仕事も厭わずこなしている。

青島 圭太(あおしま・けいた)(27)…林 遣都
「京極法律事務所」の弁護士。国内最大手の「Felix & Temma法律事務所」に就職しようとしたが、極度のあがり症で、面接に失敗。中規模の弁護士事務所で“いそ弁(=居候弁護士)”として働いていた。ある日、突然現れた小鳥遊翔子にスカウトされ、「京極法律事務所」で働くことに。真面目で優秀…でも真面目すぎて器用に振る舞えず、法廷や交渉での駆け引きに負けてばかりで敗訴が続いている。打たれ弱いところがあり、“弁護士向いてないのかも!?”と自己嫌悪に陥りがち。

白鳥 美奈子(しらとり・みなこ)(29)…菜々緒
「Felix & Temma法律事務所」のアソシエイト弁護士。キャリア2年目で、海崎勇人の下で働いている。物腰は柔らかいが、一皮むけば上昇志向の塊のような野心家。海崎の技を盗んで、パートナー弁護士へ昇格しようと狙っている。どんなことでも利用して、トップを目指そうと目論んでおり、代表弁護士・天馬壮一郎とも取引できる能力がある。小鳥遊翔子に対しては弁護士としても女としても、一方的にライバル心を燃やし、激しく嫌悪する。

馬場 雄一(ばば・ゆういち)(42)…荒川 良々
「京極法律事務所」のパラリーガル。元ストーカーのオタク事務員。警備会社に17年勤めていたが、2年前に一方的に好きになった部下からストーカー被害で訴えられ、服役していた。尾行調査が得意。粘着質で、任された調査は徹底的に行う。しかし調査しているうちに、自分の興味のある一点に縛られすぎて他のものが見えなくなってしまうことがある。

神保 有希(じんぼ・ゆき)(28)…内藤 理沙
小鳥遊翔子が足繁く通う鉄道バーの店員。支払いが滞りがちな翔子をたしなめながらも、何だかんだいって来店を歓迎している。

中沢 淳美(なかざわ・あつみ)(24)…宮本 茉由
「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎の秘書。天馬の愛人と噂されるミステリアスでセクシーな美女。天馬のそばにいつもいるため、その非情な顔もよく知っている。天馬に忠実かと思いきや、何やらグレーな動向もやがて見せ始め…!?

伊藤 理恵(いとう・りえ)(38)…安達 祐実
「京極法律事務所」のパラリーガル。隠れハイスペックの元女性銀行員。大手銀行に13年勤めたが、惚れた男のために1億円を横領。実刑判決を受け、3年服役していた。情にもろいところが玉にキズだが、仕事は丁寧で早い。日商簿記検定3級、証券外務員1種、生命保険一般課程、FP2級など、銀行員に必要な資格は一通り持っている。ケチで金の管理が得意なので、京極事務所の金庫番を任される。

茅野 明(かやの・あきら)(28)…三浦 翔平
「京極法律事務所」のパラリーガルであり、現役のホスト。顔も人もいいけど、ちょっとおバカ。天性の人たらしで、老若男女にもてる。ホストクラブで小鳥遊翔子と出会い、なんとなく意気投合、翔子を「姐さん」と慕っている。人懐っこいので、意外にも聞き込みなどの調査が得意だが、難しい話は耳に入らない。

大鷹 高志(おおたか・たかし)(50)…勝村 政信
“上から目線”のヤメ検弁護士。特捜部にまで配属されたことのある元・エリート検事で、弁護士時代の小鳥遊翔子とは法廷で対決したことがあり、こてんぱんにやられた。ある理由から弁護士に転身したが、プライドの高さから客が付かず、基本的にヒマ。大学時代の恩師・京極雅彦が翔子にだまされているのでは…と思い、翔子を見張るうちに「京極法律事務所」で弁護士をやることになる。

天馬 壮一郎(てんま・そういちろう)(63)…小日向 文世
「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士。弁護士会会長も務める、日本弁護士界のドン。小鳥遊翔子の元上司。人権派の弁護士として知られているが、勝つためには手段を選ばず、一度でも自分の命に背いたものは許さない非情な男。かつては優秀な部下だった翔子を自分の右腕のように思っていたが、現在は翔子を疎んでいる。

京極 雅彦(きょうごく・まさひこ)(65)…高橋 英樹
「京極法律事務所」の代表弁護士。法学部を卒業後、大学に残り、法学者として教授になった。法律学教授経験者に対する認定制度で弁護士資格は持っているが、実務経験はゼロの“ペーパー弁護士”。実はいろいろな資格試験にチャレンジし、多くの資格を持っている。小鳥遊翔子の誘いに乗せられ、事務所開設費用の500万円と実印を翔子に預け、法廷デビューを目指す。

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ