パーフェクトワールド ネタバレあらすじ第3話とキャストや相関図

パーフェクトワールド

ネタバレあらすじ第3話とキャストや相関図
2019年04月16日(火)スタート
毎週火曜 夜9時00分~9時54分
【フジテレビ系】5月7日 第3話 放送予定
公式サイト

“障がいで恋をあきらめた建築士”

大学生の時に事故に遭ったことが原因で、脊髄を損傷し、下半身が不随に。
“恋愛も、好きだったバスケットボールも、もうしない”心に固く決めていた。

そんなある日、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会。
閉ざされていた樹の心が、少しずつ開かれていくー。

無限の可能性が広がる中で、樹とつぐみが選ぶ未来とはー?

障がいがあってもなくても、また年齢や性別に関係なく、すべての人に
幸せとは何か」を問いかけていくラブストーリー。

Sponsored Links
原作

有賀リエ「パーフェクトワールド」(講談社)

 

脚本
中谷 まゆみ(なかたに まゆみ)・1968年2月1日
・香川県出身。
・脚本家、劇作家。
1993年深夜ドラマ『青春もの』で脚本家デビュー。

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』2019年4月30日 23:59まで配信
地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』2019年4月30日 23:59まで配信

※本ページの動画情報は2019年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

主題歌

菅田将暉「まちがいさがし」(エピックレコードジャパン)

 

あらすじ 第3話

つぐみ(山本美月)が樹(松坂桃李)と付き合っていると知った父・元久(松重豊)は大激怒!! 一方、複雑な想いを抱く洋貴(瀬戸康史)は樹に、葵(中村ゆり)はつぐみにまさかの宣戦布告…!?

Sponsored Links

自分の幸せために、つぐみ(山本美月)を犠牲にはできないと、一度はつぐみの想いを拒絶した樹(松坂桃李)。

しかし、すべてを受け入れると覚悟を決めたつぐみに、樹はあきらめたはずの恋愛をもう一度してみようと思い直す。

晴れて付き合うことになった2人は、江の島へ出かけたり、樹の部屋で休暇の予定を相談したりと、恋人らしいデートを重ねる。

一方、つぐみにプロポーズすることまで考えていた洋貴(瀬戸康史)は、初恋を実らせたつぐみを祝福するが、内心では大きなショックを受けていた。

 

その頃、カフェで待ち合わせをしていた樹の後輩の晴人(松村北斗)。

すると、そこに現れたのはつぐみの妹のしおり(岡崎紗絵)だった…。

 

迎えたゴールデンウィーク、つぐみとしおりは樹の車で長野へ帰ることに。

その車中、しおりは、つぐみが樹と付き合っていることを父・元久(松重豊)が知ったら…と懸念するが、つぐみは市役所の福祉課に勤めていた父なら応援してくれるはずだと楽観的。

とりあえず、今回は両親へのあいさつは見送ることにした2人だったが、実家に到着すると、元久と鉢合わせ。

樹は窓を開けてきちんとあいさつするが、元久は、車から降りなかった樹を礼儀知らずだと一刀両断。

その言葉にひっかかった、つぐみは思わず、樹が車いすに乗っていることや、最近付き合い始めたことを打ち明ける。

すると、しおりの予想通り、元久は大激怒。母の咲子(堀内敬子)もまた、つぐみの将来を心配する。

 

翌日、樹とつぐみは美姫(水沢エレナ)に呼び出されて公園のカフェへ。

そこには、洋貴も来ていて、同級生4人は懐かしい話に花を咲かせるが、父親のことが気になるつぐみの表情はどこか浮かない。

洋貴もまた、車いすの樹をかいがいしく世話するつぐみを、複雑な思いで見つめていた。

 

東京へ帰ってくると樹の部屋にはヘルパーの葵(中村ゆり)がいた。

つぐみを見るなり、明らかに顔を曇らせていく葵。

樹の苦悩を見てきた葵は、付き合う覚悟ができているのか、つぐみに強く詰め寄っていき…。

 

「パーフェクトワールド」公式サイトより引用

キャスト

鮎川樹……松坂桃李

川奈つぐみ……山本美月

是枝洋貴……瀬戸康史

長沢葵……中村ゆり

渡辺晴人……松村北斗(SixTONES / ジャニーズJr.)

川奈しおり……岡崎紗絵

渡辺剛……木村祐一

雪村美姫……水沢エレナ

東美千代……とよた真帆

川奈咲子……堀内敬子

鮎川文乃……麻生祐未

川奈元久……松重豊

ほか

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

出典:https://www.ktv.jp/perfectworld/chart/

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、ドラマ「パーフェクトワールド」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ