パーフェクトワールド ネタバレあらすじ第7話とキャストや相関図

パーフェクトワールド

ネタバレあらすじ第7話とキャストや相関図
2019年04月16日(火)スタート
毎週火曜 夜9時00分~9時54分
【フジテレビ系】6月4日 第7話 放送予定
公式サイト

“障がいで恋をあきらめた建築士”

大学生の時に事故に遭ったことが原因で、脊髄を損傷し、下半身が不随に。
“恋愛も、好きだったバスケットボールも、もうしない”心に固く決めていた。

そんなある日、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会。
閉ざされていた樹の心が、少しずつ開かれていくー。

無限の可能性が広がる中で、樹とつぐみが選ぶ未来とはー?

障がいがあってもなくても、また年齢や性別に関係なく、すべての人に
幸せとは何か」を問いかけていくラブストーリー。

 

Sponsored Links

 

原作

有賀リエ「パーフェクトワールド」(講談社)

 

脚本
中谷 まゆみ(なかたに まゆみ)・1968年2月1日
・香川県出身。
・脚本家、劇作家。
1993年深夜ドラマ『青春もの』で脚本家デビュー。

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』2019年4月30日 23:59まで配信
地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』2019年4月30日 23:59まで配信

 

※本ページの動画情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

菅田将暉「まちがいさがし」(エピックレコードジャパン)

Sponsored Links

 

あらすじ 第7話

会うはずのない樹(松坂桃李)とつぐみ(山本美月)、運命が二人を引き合わす!?
焦りを感じた洋貴(瀬戸康史)は、つぐみにプロポーズの返事を急かす。つぐみが出した答えとは?
さらに、想いを打ち明けた葵に樹は…?

 

松本に戻って3カ月、つぐみ(山本美月)はインテリアコーディネーターとして働きながら、実家で穏やかに暮らし、父・元久(松重豊)も少しずつ元気を取り戻していた。

そんなある日、洋貴(瀬戸康史)はつぐみを東京でのデートに誘い、ついにプロポーズ!

つぐみも洋貴の想いを受け入れ、結婚を前向きに考えようとするが、そんな2人の会話を、偶然通りかかった樹(松坂桃李)が見ていた。

 

そんなある日、つぐみは、東京の樹の元へ。

久々に会った樹とつぐみの間には、気まずい空気が流れるが、つぐみは、松本で出会ったシェフの高木圭吾(山中崇)と車いすで生活する妻・楓(紺野まひる)のために、なんとか樹の力を貸してほしいと、頼み込む。

実は圭吾は、完全バリアフリーの家を建てようと考えていて、樹に相談するものの、断られていたのだ。

一方、楓はマイホームを持つことが夢だったものの、病気で先にこの世を去る自分のために、夫が私財を投げうって家を建てようとしていることを、素直に喜べずにいた。

それどころか、自分では圭吾を幸せにできないと苦しんでいて、その姿につぐみは樹の言葉を思い出していたのだった。

 

つぐみから高木夫妻の想いを聞いた樹は、2人に会いに行くと約束。それを聞いてつぐみはホッとするものの、洋貴には「樹と会った」と言えず、心が痛む。

しかし実は、洋貴は樹からの連絡で、2人の再会を知っていた。

つぐみと樹の切っても切れない関係に焦りを感じた洋貴は、「結婚のこと、考えてくれた?」とつぐみにプロポーズの返事を急かしてしまう。

それに対し、つぐみは…?

 

後日、樹は高木夫妻に会いに行くものの、突然、楓が「会いたくない」と言い出す。

圭吾に頼んで何とか2人だけで話をする時間をもらった樹は、「なぜ主人の依頼を引き受けることにしたんですか?」と楓に聞かれて…?

一方、樹に想いを打ち明けた葵(中村ゆり)は、圭吾の件でつぐみと会ったと話す樹を見て、顔をこわばらせていくが、それを察知した樹は…?

 

「パーフェクトワールド」公式サイトより引用

キャスト

鮎川樹……松坂桃李

川奈つぐみ……山本美月

是枝洋貴……瀬戸康史

長沢葵……中村ゆり

渡辺晴人……松村北斗(SixTONES / ジャニーズJr.)

川奈しおり……岡崎紗絵

渡辺剛……木村祐一

雪村美姫……水沢エレナ

東美千代……とよた真帆

川奈咲子……堀内敬子

鮎川文乃……麻生祐未

川奈元久……松重豊

ほか

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

出典:https://www.ktv.jp/perfectworld/chart/

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、ドラマ「パーフェクトワールド」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ