ルパンの娘 ネタバレあらすじ第2話とキャストや相関図

ルパンの娘

2019年07月11日(木)スタート
毎週木曜 夜10時00分~10時54分
【フジテレビ系】7月18日 第2話 放送予定
公式サイト

「わたしは泥棒の娘。結婚を考えた彼は、警察官でした…」

これは世にも不思議な現代版“ロミオとジュリエット”

代々泥棒一家の娘と、代々警察一家の息子との許されない恋。

盗みの才能は一族で一番秀でているが、普通の生活をするために図書館司書として働く三雲華と、警察一家の息子で、華の素性を知らずに真剣交際している刑事・桜庭和馬の奇想天外なラブコメディー。

深田恭子さんと瀬戸康史さんが、およそ7年ぶりの共演です。お楽しみに!!

 

Sponsored Links

 

原作

横関大「ルパンの娘」(講談社文庫刊)

 

脚本
徳永 友一(とくなが ゆういち)・1976年生まれ。
・獨協大学法学部法律学科卒業。
・脚本家。
2005年にフジテレビのテレビドラマ『電車男』第6話の脚本で地上波デビュー。

主な作品
テレビ
海月姫』2019年11月30日 23:59まで配信
欠点だらけの刑事』2019年11月18日 23:59まで配信
約束のステージ?時を駆けるふたりの歌~』2020年8月31日 23:59まで配信

※本ページの動画情報は2019年7月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

主題歌

サカナクション『モス』(NF Records / Victor Entertainment)

 

あらすじ 第2話

「禁断のご対面」

三雲華(深田恭子)は泥棒一家“Lの一族”の娘であることに思い悩んでいる。

なぜなら、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)は警察一家の息子だからだ。

和馬の家族と自分の家族を合わせるなど、華にとってはもってのほか。

そんな華の願いもむなしく、和馬が母の美佐子(マルシア)、父の典和(信太昌之)、元警察犬のドンまで連れて三雲家に挨拶に来てしまう。

玄関に入った美佐子と典和は、警察官の嗅覚でいろいろと探り始めたため、華は気が気でない。

幸い、ダミーの家に尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)たちの姿がなかったため、華は胸を撫で下ろす。

ところが、尊たちが秘密の通路からやって来てしまった。

 

図らずも両家の親たちの顔合わせになってしまい、華は和馬たちの職業を尊たちにバレないようにしようと必死。

尊たちは泥棒とは言わないが、おかしな職業を作り上げているので、やはりハラハラしっぱなしの華。

後から現れたマツ(どんぐり)は、尊と一緒に公務員批判を繰り広げ始める。

両家は睨み合いになってしまうが、意外なことで尊と典和が意気投合。

別々の高校に在学していた時に、野球部で試合をしていたのだ。

 

とりあえずホッとする華だが、美佐子は典和とは違っていた。

後日、華は美佐子から和馬とは別れて欲しいと言われてしまう。

やはり和馬と別れた方が良いのかと華は悩む。

そのころ、和馬はアポ電強盗事件を担当。

一方、三雲家は、ある会社社長が所有する名画を盗む計画をしていた。

 

「ルパンの娘」公式サイトより引用

 

キャスト

三雲華…深田恭子

桜庭和馬…瀬戸康史

三雲悦子…小沢真珠

三雲渉…栗原類

三雲マツ…どんぐり

桜庭 和一…藤岡弘(特別出演)

巻栄一…加藤諒

円城寺輝…大貫勇輔

桜庭典和…信太昌之

桜庭美佐子…マルシア

三雲巌…麿赤兒

三雲尊…渡部篤郎

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

出典:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、ドラマ「ルパンの娘」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

Sponsored Links
サブコンテンツ



このページの先頭へ