invert 城塚翡翠 倒叙集 ネタバレあらすじ第2話とキャストや相関図など 主演・清原果耶

invert 城塚翡翠 倒叙集

2022年11月20日(日)スタート[全5話](予定)
毎週日曜 夜10時30分~11時25分
【日本テレビ系】12月4日 第2話 放送予定
公式サイト

主演・清原果耶

「あなたは探偵の推理を、
推理することができますか?」

“すべてが、反転
今度は<犯人たちの視点>から描かれる、
新たな倒叙ミステリー劇場、開幕。

 

【スポンサーリンク】

 

原作

相沢沙呼「medium 霊媒探偵城塚翡翠」(講談社文庫)
  

城塚翡翠シリーズ
「invert 城塚翡翠倒叙集」(講談社)
  

「invertⅡ 覗き窓の死角」(講談社)
  

 

脚本
佐藤 友治(さとう ともはる)・1980年6月18日生まれ。
・大阪府出身
・脚本家。
2011年『幸運の壺 Good Fortune』で脚本家デビュー(共同脚本)。

主な作品
・ブラックリベンジ
90日以内に配信終了の予定はありません

・ブラックスキャンダル
90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2022年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

脚本協力

相沢 沙呼(あいざわ さこ)・1983年3月3日生まれ。男性。
・埼玉県出身。
・聖学院大学人文学部日本文化学科中退。
・小説家・推理作家・ライトノベル作家・漫画原作者。
日本推理作家協会会員。

 

主題歌

福山雅治「妖(あやかし)」(アミューズ/ユニバーサルJ)

 

あらすじ 第2話

「泡沫の審判」

誰もいない夜の小学校――。

教師の末崎絵里(星野真里)が、元校務員・田草明夫をコンクリートブロックで殺害する!

絵里は、田草が3階から誤って転落したように偽装し、事故死に見せかけようとしていた。

「私は何も間違ってない……」そう呟く絵里。

 

翌日。

遺体発見現場で待つ雨野刑事(田中道子)のもとに、鐘場警部補(及川光博)に加えて、本庁で噂を聞きつけた城塚翡翠(清原果耶)と千和崎真(小芝風花)もやってくる。

所轄の見立てによると、田草は理科準備室の高価な備品を狙ってベランダから侵入。

廊下の防犯システムが作動し、慌ててベランダから地上に降りようとした際に転落し、頭を打って死亡したという。

翡翠は、小さく微笑み言い放つ。

「これは、殺人事件です」

 

1週間後、翡翠はスクールカウンセラー・白井奈々子と称し、小学校に潜入。

絵里に近づくと翡翠は、霊感で絵里の心理を当てられる、と迫る……。

徐々に絵里を追い詰める翡翠だが、田草が学校に侵入し警報が鳴ったとされる時刻、絵里には確固たるアリバイがあった。

強い動機と信念を持って田草を殺害した絵里。

その犯行を裏付けるためには決定的な証拠が必要……。

はたして翡翠は、絵里の犯行を100%証明することができるのか!?

 

【ゲスト】
星野真里

 

 

日曜ドラマ「invert 城塚翡翠 倒叙集」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

城塚翡翠(じょうづか ひすい)
……清原果耶

「霊が視える」能力を持つ霊媒探偵。
魂の匂いを感じ、死者を呼び戻すことができるという。その特殊な能力のせいで、孤独な人生を歩んできたが……。

 

千和崎真(ちわさき まこと)
……小芝風花

城塚翡翠のアシスタント。
“霊媒師”である翡翠を仕事面で支えるとともに、食事など身の回りの世話もする。翡翠にとって、お姉さん的存在。

 

ほか

出典:https://www.ntv.co.jp/hisui/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.ntv.co.jp/hisui/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、日曜ドラマ「invert 城塚翡翠 倒叙集」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ