invert 城塚翡翠 倒叙集 ネタバレあらすじ第5話(最終回)とキャストや相関図など 主演・清原果耶

invert 城塚翡翠 倒叙集

2022年11月20日(日)スタート[全5話](予定)
毎週日曜 夜10時30分~11時25分
【日本テレビ系】12月25日 第5話(最終回) 放送予定
公式サイト

主演・清原果耶

「あなたは探偵の推理を、
推理することができますか?」

“すべてが、反転
今度は<犯人たちの視点>から描かれる、
新たな倒叙ミステリー劇場、開幕。

 

【スポンサーリンク】

 

原作

相沢沙呼「medium 霊媒探偵城塚翡翠」(講談社文庫)
  

城塚翡翠シリーズ
「invert 城塚翡翠倒叙集」(講談社)
  

「invertⅡ 覗き窓の死角」(講談社)
  

 

脚本
佐藤 友治(さとう ともはる)・1980年6月18日生まれ。
・大阪府出身
・脚本家。
2011年『幸運の壺 Good Fortune』で脚本家デビュー(共同脚本)。

主な作品
・ブラックリベンジ
90日以内に配信終了の予定はありません

・ブラックスキャンダル
90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2022年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

脚本協力

相沢 沙呼(あいざわ さこ)・1983年3月3日生まれ。男性。
・埼玉県出身。
・聖学院大学人文学部日本文化学科中退。
・小説家・推理作家・ライトノベル作家・漫画原作者。
日本推理作家協会会員。

 

主題歌

福山雅治「妖(あやかし)」(アミューズ/ユニバーサルJ)

 

あらすじ 第5話(最終回)

「信用ならない目撃者 後編」

殺人事件の目撃者・涼見梓(若月佑美)の、“殺害現場を目撃したかもしれないのに警察に通報しなかった”という罪の意識につけ込み、自分に不利な証言を封じた犯人・雲野泰典(杉本哲太)。

「窓に靴下みたいなのが吊るされてた気がする」という一見意味のない証言に着目した城塚翡翠(清原果耶)は、現場のハンガーに何もかかっていなかったことから、干してあった靴下を犯人が訳あって持ち去ったのではないかと推理する。

しかし、余裕を見せる元捜査一課の刑事、雲野を追い詰めるには至らない。

 

そんな中、翡翠は、女性刺創連続殺人事件の犯人・鶴丘文樹(瀬戸康史)に余罪を吐かせるため、拘置所へ赴く。

翡翠が雲野の事件に関わっていることを見抜いた鶴丘は、「君は雲野に殺されるよ」と不穏な予言をする……。

プライベートでも梓との距離を縮める雲野は、梓の心を掴む。

唯一の手がかりだった目撃証言は、もはや事件解決の役には立たなくなっていた。

 

一方、翡翠はパートナー・千和崎真(小芝風花)に、「私に何かあったら、名探偵の眼差しを引き継いで下さいね」と言い残し、姿を消す。

雲野が警察上層部に圧力をかけたことで捜査が難航する中、鐘場警部補(及川光博)も翡翠と連絡がとれなくなってしまう。

その頃、雲野は犯人の顔を思い出しかけた梓を前に、新たな殺人に手を染めることを決意する……!

翡翠の命をかけた最後の推理が始まる!

 

【ゲスト】
杉本哲太 若月佑美 瀬戸康史 ほか

 

 

日曜ドラマ「invert 城塚翡翠 倒叙集」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

城塚翡翠(じょうづか ひすい)
……清原果耶

「霊が視える」能力を持つ霊媒探偵。
魂の匂いを感じ、死者を呼び戻すことができるという。その特殊な能力のせいで、孤独な人生を歩んできたが……。

 

千和崎真(ちわさき まこと)
……小芝風花

城塚翡翠のアシスタント。
“霊媒師”である翡翠を仕事面で支えるとともに、食事など身の回りの世話もする。翡翠にとって、お姉さん的存在。

 

ほか

出典:https://www.ntv.co.jp/hisui/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.ntv.co.jp/hisui/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、日曜ドラマ「invert 城塚翡翠 倒叙集」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ