眩(くらら)~北斎の娘~ ネタバレあらすじとキャストなど

眩(くらら)~北斎の娘~

ネタバレあらすじとキャスト
2023年04月07日(金)スタート[全1話](予定)
金曜 夜8時15分~9時28分(73分)
【BSプレミアム・BS4K】4月7日 放送予定
公式サイト

主演・宮﨑あおい

葛飾北斎の娘“お栄”の半生。

概要
江戸の天才絵師・葛飾北斎の三女として生まれたお栄(後の葛飾応為)は、町絵師と夫婦になったものの、箸より絵筆を持つのが好きで、父であり師である北斎のもとに嫁ぎ先から戻ってきた。そこから「超えられぬ高き壁・北斎」の絵の手伝いが始まった―。

 

【スポンサーリンク】

 

原作

朝井まかて「眩」  

眩(新潮文庫)

眩(新潮文庫)

朝井まかて
703円(02/28 16:25時点)
発売日: 2018/10/01
Amazonの情報を掲載しています

 

脚本

大森 美香(おおもり みか)・1972年3月6日生まれ。
・福岡県築上郡築城町(現・築上町)出身。
・青山学院女子短期大学芸術学科卒業。
(短大卒業後、名古屋テレビ放送に入社。)
・脚本家、演出家、映画監督。

主な作品
未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2

青天を衝け

「広告」

※本ページの動画情報は2023年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

情報が入り次第追記します♪

 

あらすじ

江戸の天才絵師・葛飾北斎の娘・お栄(宮﨑あおい)は、師でもある北斎(長塚京三)のもとで絵の手伝いを始める。

そんな中、お栄は北斎の弟子筋の絵師・善次郎(松田龍平)にだけは、苦しみや悩みを話すことができた。

それはお栄のひそかな恋心であった。

 

やがて「色」と「影」というものに執着し独自の画法にたどり着いたお栄だったが、善次郎、北斎もこの世を去る。

60歳を過ぎたお栄の手に残ったのはやはり絵筆であった。

 

特集ドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

お栄(えい)/葛飾応為(かつしかおうい)
……宮﨑あおい

葛飾北斎の三女。
町絵師と夫婦になったものの、箸を持つより絵筆を持つのが好きで、父であり師である北斎のもとに嫁ぎ先から戻ってきた。そこから「超えられぬ高き壁・北斎」の絵の手伝いが始まった―。

 

ほか

 

出典:https://www.nhk.jp/p/ts/GZ1L66Z3JJ/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、特集ドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」に関しての情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ