特選!時代劇 お登勢 ネタバレあらすじ第4話とキャストなど

お登勢

2023年09月24日(日)スタート[全12話](予定)
毎週日曜 朝6時10分~
【総合】10月15日 第4話 放送予定
公式サイト

主演・沢口靖子

信ずるものは、愛。 つらぬくものは、愛。

淡路島に生まれた貧農の娘が、奉公先でひとりの侍と出会う
幕末から明治へと時代が大きく動く中、運命の相手への愛ひとすじに生き抜いた、ひとりの女の波乱の生涯。

 

【スポンサーリンク】

 

原作

船山 馨「お登勢」

お登勢 (講談社文庫)

お登勢 (講談社文庫)

船山馨
1,100円(06/19 16:47時点)
発売日: 2001/04/13
Amazonの情報を掲載しています

 

脚本

ジェームス三木(ジェームス みき、本名:山下 清泉(やました きよもと)・1934年〈昭和9年〉6月10日生まれ。
・脚本家、作家、演出家、元歌手。

 

主題歌

情報が入り次第追記します♪

 

あらすじ 第4話

「忘れ得ぬ人」

偶然、津田貢(葛山信吾)と再会したお登勢(沢口靖子)は、貢が生きていたことを喜ぶ。

だが貢の体は負傷著しく、杖なしに歩くこともできない。

 

貢は志津(森口瑤子)にせめて一度会いたいと、お登勢に伝言を頼む。

それを聞き、心揺れる志津。

その夜、久々に徳島から戻った市左衛門の嫡男・睦太郎(嵐広也)とはま(汀夏子)が、志津に新しい縁談の話を受けるよう説く。

 

一方、お登勢は貢に会いに行くよう志津に必死に訴えるが…

 

特選!時代劇「お登勢」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

お登勢
……沢口靖子

淡路島の小さな村、黒岩村に生まれる。
実の父・玉太郎と幼い頃に生き別れ、16才で加納家に奉公に出て、そこで、津田貢と出会う。明治維新という時代の中で運命に翻ろうされながらもけなげに生きていく。

 

志津
……森口瑤子

お登勢の奉公先、加納家の娘。
身分的に格下な津田貢と密かに恋に落ち、家柄にこだわる母の前では本心を隠している。時代の変化を察する賢さがある。

 

津田貢
……葛山信吾

徳島藩・蜂須賀家の又家来である津田家の嫡男。
勤王派(反幕府)として活動する志士でもある。お登勢にとって運命の人。

 

ほか

 

出典:https://www.nhk.jp/p/ts/XLK16NN8WL/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、特選!時代劇「お登勢」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ