日曜劇場 DCU 〜手錠を持ったダイバー〜 ネタバレあらすじ第7話とキャストや相関図 主演・阿部寛

DCU 〜手錠を持ったダイバー〜

ネタバレあらすじ第7話とキャストや相関図 主演・阿部寛
2022年01月16日(日)スタート
毎週日曜 夜9時00分~9時54分
【TBS系】3月6日 第7話 放送予定
公式サイト

主演・阿部寛

水は嘘をつかない。

舞台は“水中事件”へ!
DCUが“水”にまつわる事件に遭遇して人の命と尊さを厳粛に扱う。
水難事故とそこに隠された謎に迫るウォーターミステリー。お楽しみに!

※Deep Crime Unit(潜水特殊捜査隊)の略称

 

【スポンサーリンク】

 

協力

海上保安庁

 

共同制作

ケシェット・インターナショナル、ファセット4メディア

 

主題歌

Lizabet 「Another Day Goes By」(Sony Music Labels Inc.)
  

 

あらすじ 第7話

心臓病の娘のために那由(明日海りお)がプロデュースした、リモートダイビングVRのお披露目イベントが病院で開かれていた。

東都重工と共同開発した技術に大興奮の子どもたち。元カノ・玉井千英(鷲見玲奈)の入院中の息子を見舞った大友(有輝)もこのイベントに参加し、穏やかな時間を過ごしていた。

 

だが事態は一変、海中のリモートカメラが何かに乗っ取られてしまう。

同時刻、DCU本部には沖合で一艘の水上バイクが爆発したとの報告が入った。

船着場の映像には水上バイクに乗り込む成合(吉川晃司)の後ろ姿が映っており、新名(阿部寛)はなんとか動揺を隠す。

 

爆発物の破片を回収した結果、那由のリモートダイビングVRで使用されているカメラとの関連が発覚。

水族館で起こった殺人事件がキッカケで、那由と成合がつながっていることを掴んでいた新名は、再び那由に接触を図る。

 

リモートダイビングVRの開発を指揮し、瀬能(横浜流星)の父を知る笠原英伍(岡田浩暉)にも協力を仰ぎ捜査に乗り出すDCUメンバーたち。

だが、事件は病気の子どもたちを巻き込んだ想像もつかないものへと発展してしまう。

 

日曜劇場,「DCU 〜手錠を持ったダイバー〜」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

新名正義(にいな まさよし)〈50〉
阿部寛

DCU第一部隊 隊長。
ルールを無視してでも必ず真実を突き詰めるまで諦めない男。「海を汚されること」と「真実が解明されないこと」は許せない性格で、周囲の価値観には左右されない。

 

黒江真子(くろえ まこ)
市川実日子

DCU科学捜査班 班長。
DCUの発足により科学捜査ラボ班長に就任。白黒つけないと気が済まないサバサバした性格。新名とは古くからの知り合いで、様々な苦難を共にしたことでいい仲となり、現在は婚約している。

 

早川守(はやかわ まもる)
春風亭昇太

海上保安庁・次長。
海保ナンバー2のエリート上官。出世欲が強く、新たに設立されたDCUを成功に導くことで長官の座を狙っている。なにかと目立つ新名のやり方を危険に感じており、機会があればいつでも引きずり下ろすつもりでいる。

 

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.tbs.co.jp/DCU_japan/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、日曜劇場DCU 〜手錠を持ったダイバー〜に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ