リバーサルオーケストラ ネタバレあらすじ第3話とキャストや相関図など

リバーサルオーケストラ

ネタバレあらすじ第3話とキャストや相関図
2023年01月11日(水)スタート
毎週水曜 夜10時00分~11時00分
【日本テレビ系】1月25日 第3話 放送予定
公式サイト

主演・門脇麦

超地味な市役所職員は、
元天才ヴァイオリニスト!

スカッとして胸がアツくなる
一発逆転の音楽エンターテイメント!

 

【スポンサーリンク】

 

脚本
清水 友佳子(しみず ゆかこ)・東京都出身。
・フェリス女学院短期大学音楽科卒業。
・脚本家。
会社員、ピアノ講師などを経て2000年に脚本家デビュー。

主な作品
リバース
90日以内に配信終了の予定はありません

彼女はキレイだった
90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2023年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

情報が入り次第追記します♪

 

あらすじ 第3話

初音(門脇麦)は蒼(坂東龍汰)を下宿人として家に招き、妹・奏奈(恒松祐里)と3人での同居生活が始まった。

奏奈は蒼を意識して家事を張り切るが、初音は誰が居ようとジャージ姿でお構いなし。

それより気掛かりなのは、市長の修介(生瀬勝久)をはじめとする市役所の職員たちにヴァイオリニストであることを黙ったままなこと。

10年ぶりのステージ復帰を前に、本当に舞台に立てるのか自信がなかなか持てないのだ。

 

本番に向けて盛りあがる玉響に、突如悪い知らせが飛び込んでくる。

ティンパニの木之崎(篠崎史門)があいさつもなく辞めてしまったのだ。

吹奏楽発表会の本番まであと4日…

オケの大黒柱であるティンパニがいなくなり、玉響は大ピンチ!

 

練習後、初音は朝陽(田中圭)からメモを渡され、そこに書かれた『藤谷耀司(ふじたにようじ)』という男をティンパニとしてスカウトしてくるよう命じられる。

玲緒(瀧内公美)と蒼とともに東京のライブハウスを訪ねた初音は、そこでドラムを叩く藤谷をじっと見ているうちに、ふと思い出し……

「あ――っ!!」。

果たしてその人物とは…!?

 

降りかかる数々の妨害…ティンパニは無事加入なるか!?

そして、初音と玉響の初めての公演はうまく行くのか――!?

 

 

水曜ドラマ「リバーサルオーケストラ」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

谷岡初音(たにおか はつね)
……門脇麦

元天才ヴァイオリニスト。
10年前、突如表舞台から姿を消し、現在は西さいたま市役所・広報広聴課の職員として働いている。

 

常葉朝陽(ときわ あさひ)
……田中圭

児玉交響楽団の変人マエストロ。
父は現職の西さいたま市長。

 

ほか

出典:https://www.ntv.co.jp/reveorche/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.ntv.co.jp/reveorche/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、水曜ドラマ「リバーサルオーケストラ」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ