リバーサルオーケストラ ネタバレあらすじ第4話とキャストや相関図など

リバーサルオーケストラ

ネタバレあらすじ第4話とキャストや相関図
2023年01月11日(水)スタート
毎週水曜 夜10時00分~11時00分
【日本テレビ系】2月1日 第4話 放送予定
公式サイト

主演・門脇麦

超地味な市役所職員は、
元天才ヴァイオリニスト!

スカッとして胸がアツくなる
一発逆転の音楽エンターテイメント!

 

【スポンサーリンク】

 

脚本
清水 友佳子(しみず ゆかこ)・東京都出身。
・フェリス女学院短期大学音楽科卒業。
・脚本家。
会社員、ピアノ講師などを経て2000年に脚本家デビュー。

主な作品
リバース
90日以内に配信終了の予定はありません

彼女はキレイだった
90日以内に配信終了の予定はありません

※配信日時の確認を忘れずに!!

※本ページの動画情報は2023年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

主題歌

情報が入り次第追記します♪

 

あらすじ 第4話

初音(門脇麦)の復帰ステージ会場に三島(永山絢斗)が現れ、突然のハグ!

思いがけない再会に硬直する初音に、三島が囁いた言葉とは…!?

初音と三島は幼い頃から同じヴァイオリン教室に通う、幼なじみだったのだが…。

 

発表会の成功で自信をつけた団員たちは、もっと大勢の人にオケの存在を知ってもらうために「出張オーケストラをやろう!」と大盛り上がり。

自分たちからいろんな場所に足を運んで演奏するのだ。

朝陽(田中圭)も「オケと市民との距離が近くなる」と賛成し、初音に実施案を提出するよう命じる。

 

同時に定期演奏会の準備も進めたい朝陽は、演奏会の曲をチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルト(通称チャイコン)に決め、初音をソリストに指名。

初音にとっては小学生の頃から弾いているオハコの曲だったが、10年前に逃げ出したステージで弾くはずだった曲でもある。

初音はミスを連発し、スランプに…。

 

一方、ヴィオラのみどり(濱田マリ)は家庭とオケとをうまく両立できずに悩んでいた。

大学受験真っただ中の一人娘・亜美(凛美)はろくに口を利いてくれないし、夫も音楽が“仕事”だと思っていない。

まともな練習場所もなく苦労しながらも、なんとかオケを続けたいみどりだが、演奏会への出演が危ぶまれる事態が発生する…!

定期演奏会を前に問題山積!

果たしてポンコツオケの打開策は――!?

 

 

水曜ドラマ「リバーサルオーケストラ」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

谷岡初音(たにおか はつね)
……門脇麦

元天才ヴァイオリニスト。
10年前、突如表舞台から姿を消し、現在は西さいたま市役所・広報広聴課の職員として働いている。

 

常葉朝陽(ときわ あさひ)
……田中圭

児玉交響楽団の変人マエストロ。
父は現職の西さいたま市長。

 

ほか

出典:https://www.ntv.co.jp/reveorche/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)


出典:https://www.ntv.co.jp/reveorche/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、水曜ドラマ「リバーサルオーケストラ」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ