海月姫(くらげひめ) あらすじ 第4話とキャストや相関図

海月姫(くらげひめ)

2018年01月15日(月)スタート
毎週月曜 夜9時00分~9時54分
【フジテレビ系】2月5日 第4話 放送予定

芳根京子・新境地“オタク女子”に挑む!

「女の子は誰だってお姫様になれる」

クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”が、
とある兄弟と三角関係になり、自分には一生縁はないと思っていた恋を知り、
新しい自分、新しい生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描く、
新感覚の “シンデレラ・コメディー”

 

Sponsored Links

 

原作:東村アキコ「海月姫」(講談社「Kiss」所載)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海月姫 (1-17巻 全巻)/送料無料/ 【中古】 全巻セット
価格:6800円(税込、送料無料) (2017/12/5時点)

 

 

脚本:徳永友一

主題歌:Beverly『A New Day』
発売日:2018/2/28

 

 

あらすじ 第4話

倉下月海(芳根京子)に想いを届けようと、鯉淵修(工藤阿須加)は『天水館』に行くが、ばんばさん(松井玲奈)とまやや(内田理央)に追い帰される。ばんばさんたちが月海に武勇伝を語っていると、ジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)が帰って来た。

こちらは蔵之介(瀬戸康史)が男だと知り『天水館』や月海に近づかないよう言いに行ったのだが様子がおかしい。千絵子は蔵之介が『ベルサイユのばら』のオスカルだったと泣き崩れる。政治一家に女として産まれたが男として育てられたと蔵之介がついた嘘を二人は信じたのだ。

ジジ様たちが北京ダックを奢ってもらったと知ったまややは蔵之介に電話。蔵之介が『バタフライ』というクラブにいると聞くと、まややは蝶マニアが集うイベントと勘違い。月海とばんばさんを伴い自分たちも奢ってもらおうと『天水館』を後にした。

蔵之介が桐山琴音(最上もが)たちにクラゲのドレスの写真を見せていると月海たちが到着。そこはオシャレなクラブ。月海たちは浮きまくり琴音たちにバカにされる。蔵之介は月海たちを連れ出すが傷ついた“尼〜ず”は帰ってしまった。ばんばさんとまややは二度と蔵之介とは関わらないと宣言。

後日、蔵之介は琴音からクラゲのドレスを作って欲しいと連絡を受ける。琴音が担当するミュージックビデオの監督が、蔵之介からもらった写真を見てアーティストに着せたいと言い出したのだ。蔵之介は月海たちに話をするのだが…。

 

キャスト

倉下月海(くらした つきみ) … 芳根京子
イラストレーターを目指して鹿児島から上京してきた20歳の女性。
専門学校に通わず、オタク女子が集まる天水館で生活する。

鯉淵 蔵之介(こいぶち・くらのすけ) … 瀬戸康史
ファッション好きが高じて女装が趣味の美少年。

鯉淵 修(こいぶち・しゅう) … 工藤阿須加
蔵之介の異母弟で父親の政治秘書を務める。
メガネ姿でイケメンだが堅い人間で童貞。

ジジ様 … 木南晴夏
尼〜ずの一人で枯れた中高年男性を好む「枯れ専」。

ばんばさん … 松井玲奈
尼〜ずの一人で鉄道マニア。

まやや … 内田理央
尼〜ずの一人で三国志おたく。

千絵子(ちえこ) … 富山えり子
オタク女子「尼〜ず」の一人でアパート天水館の管理人の娘。

稲荷 翔子(いなり しょうこ) … 泉里香
月海たちが暮らす天水地区の再開発を担当する会社に所属するバリキャリ女子。

佐々木公平(ささき こうへい) … 安井順平
バリキャリ女子の稲荷翔子の部下。

花森 よしお(はなもり よしお) … 要潤
鯉淵家専属の運転手で高級車と美しい女性をひたすらに愛する。

鯉淵容子 … 床嶋佳子
鯉渕慶一郎の妻で、修の母親です。

鯉淵 慶一郎(こいぶち けいいちろう) … 北大路欣也
蔵之介と修の父で大物国会議員。

ほか

 

相関図(画像の上でクリックすると拡大します)

 

Sponsored Links


サブコンテンツ

このページの先頭へ