自転しながら公転する ネタバレあらすじ第1話とキャストや相関図など

自転しながら公転する

2023年12月14日(木)スタート[全3話](予定)
毎週木曜 夜11時59分~翌0時54分
【読売テレビ・日本テレビ系】12月14日 第1話 放送予定
公式サイト

主演・松本穂香

結婚、仕事、親の介護。
幸せはぐるぐる巡った先にある。

 

【スポンサーリンク】

 

原作

山本文緒『自転しながら公転する』(新潮文庫刊)

自転しながら公転する (新潮文庫)

自転しながら公転する (新潮文庫)

山本 文緒
1,045円(03/05 03:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

脚本

池田 奈津子(いけだ なつこ)・神奈川県出身。
・早稲田大学商学部卒。
・脚本家。

主な作品
・砂の塔~知りすぎた隣人

・アキラとあきら

「広告」

※本ページの動画情報は2023年12月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

音楽

戸田 有里子(とだ ゆりこ)
・長崎県出身。
・国立音楽大学作曲学科卒業。
・作・編曲家/プロデューサー。

 

主題歌

上白石 萌音「Loop」(Polydor Records)

 

あらすじ 第1話

憧れだった東京を離れ、地元・茨城に戻ってきて早1年……。

地元の友達が次々と結婚・出産……と人生のステップを進めていく中、30歳・独身の与野都(松本穂香)は、“自分のことだけを考えていればよかった日々”が終わり、更年期障害の母・桃枝(鶴田真由)を支えるために実家に帰った。

「私の毎日は同じ風景をぐるぐる回るだけ」。

浮いた話もなく、気持ちが焦るばかりの都。そんなある日、上司と行った回転寿司屋で、アルバイト店員の羽島貫一(藤原季節)と出会うのだった。

 

中卒、元ヤン、30すぎてアルバイト……。

そんな貫一を両親はどう思うのかと考えつつ、都は彼に惹かれていく……。

「この最悪な出会いは、私をどこへ連れていくんでしょうか……?」

幸せになりたい。そう願う都の世界が少しずつ動いていく……!

 

読売テレビ・日本テレビ系のスペシャルドラマ「自転しながら公転する」公式サイトより

 

【スポンサーリンク】

 

 

キャスト(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

与野 都よの みやこ(30)
……松本穂香

福祉用具レンタル会社で働く契約社員。
1年前まで東京のアパレルショップで店長(正社員)として働いていたが、母親の介護を理由に地元・茨城に帰ってきた。貫一と出会い、惹かれていくが、2人の将来に不安を抱いている。

 

羽島 貫一はしま かんいち(30)
……藤原季節

中卒の回転寿司屋アルバイト。
外見に似合わず読書家で、すぐ蘊蓄を垂れる青年。経済的に余裕はないが、認知症の父親が施設にいて、その費用を自ら負担している。

 

ほか

 

出典:https://www.ytv.co.jp/jitenkouten/chart/

 

相関図(画像の上でクリックすると公式サイトへジャンプします)

出典:https://www.ytv.co.jp/jitenkouten/chart/

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事では、
あらすじ・放送日・出演者・主題歌など、読売テレビ・日本テレビ系のスペシャルドラマ「自転しながら公転する」に関して第1話~最終回までの情報をお届けしていきます。

 

【スポンサーリンク】
サブコンテンツ



このページの先頭へ